片岡愛之助と藤原紀香の京都挙式の白無垢に違和感が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

藤原紀香&愛之助
歌舞伎俳優の片岡愛之助さん(44)と女優の藤原紀香さん(45)が23日、

京都市北区の上賀茂神社で結婚式を挙げられました。

紀香さんはパール箔(はく)を施した手描き友禅の白無垢姿。

黒紋付きはかま姿の愛之助さんは藤原紀香さんに赤い陣がさをさしかけながら

報道陣やファンらに笑顔で一礼し、社殿に入ったとあります。

2人は3月30日に婚姻届を提出し、今月28日には東京都千代田区の帝国ホテルで

披露宴を予定しているそうです。

スポンサーリンク

再婚なのに白無垢って違和感ある~ww

愛之助さんと2人で境内を歩く様子がテレビなどで報じられ、

多くの人の注目を集めた結婚式の様子にネットのコメント欄には、「やっぱり奇麗」など

紀香さんの花嫁姿を褒める声が上がる一方で、「再婚なのに白無垢を着て恥ずかしくない?」

「40代半ばの白無垢ってギャグか」と疑問の声が多く見られたと言うのです。

白無垢は「汚れのない白」の意味から、今回が2度目の結婚となる紀香さんが着ることに

違和感を感じる人が多いそうですが・・・

和式の結婚式に詳しく、「和婚」などの著書がある

結婚式アドバイザー飯田美代子さんによると

「以前は少なかった再婚や、40代女性の結婚式も増えてきた。

そうした場合も白無垢を着るのは普通。

洋式のウエディングドレスと同じ」という。

最近ではタレント辺見えみり(39)が34歳だった2011年6月、

女優ともさかりえ(36)が32歳だった2012年7月、ともに再婚で白無垢を着て挙式した。

と言う前例もある事から、紀香さんが再婚だから白無垢に違和感があると言うのも、

紀香さんに対する印象的な問題かな?とも取れるのですが・・・

結婚会見の時の着物にも梨園の妻としては・・・

藤原紀香&愛之助

片岡愛之助さんと紀香さんが3月31日、都内で結婚会見を行った際、

2人は紋付きはかまと着物姿で登壇されました。

紀香さんが着たのは藤色の友禅の訪問着で、これはオーダーメードで用意したものだったとか・・

紀香さんは2012年から年4回発行の季刊誌「美しいキモノ」(ハースト婦人画報社)で

着物についての連載を掲載するなど、元々着物が好きのようです。

紀香さんは、以前から“藤原”の“藤”ということでこの色がお好きで、

ご自身の着物のワードローブにも多い色と話されて、晴れ舞台にお気に入りの色で

臨んでいたことを明かされています。

着物に描かれた花はダイヤモンドリリーとカサブランカ。

関係者によると、ダイヤモンドリリーは、紀香の誕生日(6月28日)の

誕生花のため選んだという。

花言葉は「箱入り娘」という意味。

ファッション評論家の石原裕子さんは

「梨園の妻としては落第点」と指摘。
「着物で花と言えば、桜やツバキなど和風の物が多い中で、
洋風のユリを着てきた時点でおかしい」とし、
「胸部が白いことで胸のボリュームが強調されて派手。
藤原紀香が主役ですという装いになってしまった」と語った。

梨園という格式高い着物装いから見るとこの様な評価も出るのでしょうね。

披露宴総額5億円招待客700人

 

現在、9月28日帝国ホテルで披露宴の招待客をリストアップ中!

歌舞伎界だけでも坂田藤十郎、尾上菊五郎、松本幸四郎などの

大御所をはじめとして、市川海老蔵、市川猿之助、市川染五郎など、

そうそうたるメンバーが出席する見込みだそうです。

愛之助さんは10月から新橋演舞場で『GOEMON 石川五右衛門』の座長を務めます。

9月28日という披露宴の日取りは、2人の公演のはざまで、

歌舞伎俳優が出席しやすい月末であることから決められたそうです。

今回は“梨園中心”のものになると言われています。

歌舞伎関係者以外だと、愛之助さんが共演している『真田丸』の

メンバーが多数呼ばれるようです。

愛之助が京都挙式にこだわった理由

京都市北区の賀茂別雷(かもわけいかづち)神社(通称・上賀茂神社)で挙式を挙げた理由として、

愛之助さんは「僕が京都でどうしても式を挙げたかった理由は、愛之助の前名、

千代丸の名を披露させていただいたのが京都の南座なのです」

「つまり、歌舞伎俳優として産声を上げたのは京都なのです」と、

歌舞伎役者としての原点への思いを表していらっしゃいます。

何故の紀香の結婚は祝福されないのか?

類稀な美貌と完璧ボディ、奉仕活動も積極的な性格と、エネルギッシュな藤原紀香さんですが、

自己顕示欲を感じさせてしまう言動で好感度がなかなか高まりません。

藤原紀香さんから何か嫌なことをされたわけでもないのに、

再婚に関して何故か冷ややかな声が多いのも事実です。

着物選びといい、今回の白無垢といい・・何かと冷ややかな視線で

注目を集めているようで・・・

2度目とはいえ、余裕でノリノリノリカ!とはいかないようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。