Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

有吉弘行離れの視聴率の低迷は一連の騒動のせいなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

rp_16233_original.jpg

バラエティを席巻する有吉弘行さん、一部テレビ局内では“不要論”が

ささやかれているというのですが・・・

現在、有吉弘行さんは、10月にプライム帯に昇格した『有吉弘行のダレトク!?』

(フジテレビ系)の低視聴率問題が、ネット上で話題になっているというのです。

初回こそ7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったものの、

その後は裏の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に食われる格好で、

2回目以降は4.6%、4.6%、5.1%と低迷しているようです。

 

スポンサーリンク

有吉弘行離れの動きが出始めている?

「こうした視聴者離れに加えて、テレビ局内でも“有吉離れ”の動きが出始めています。
実は有吉は、ここ半年くらい、番組や企画によって“やる気”が
まったく感じられないことが多々あるんです。
時期的に、ちょうど夏目三久との交際が終わった頃だとみられますが、
果たしてその際、何があったのか……」(情報番組スタッフ)

今年8月、突然、夏目三久さんとの結婚、妊娠が報じられた有吉弘行さん。

一部では、夏目三久さんの所属事務所社長が有吉に詰め寄ったともいわれ・・・

その後、夏目三久さんサイドが全否定したことから、この件は「ガセ」だったと

見る向きが強まりましたた。

しかし、この件は別として・・・

『仕事を選ばないと言いながら、やる気を見せないのは問題』として、

有吉弘行さんを『できれば使いたくない』というスタッフが

増えてきたんです」というのです。

 

有吉弘行

有吉弘行の弱点とは?

2008年頃から再ブレークした有吉弘行さんが、現在の地位を築いてからというもの、

「完全に守りに入っている」という指摘もあるようなのです。

多数の冠番組を取り仕切る有吉弘行さんの“弱点”とは?

「彼には、自らがコントロールできる相手としか絡めないという、
大きな弱点があります。
各出演番組を見ても、共演者が自分の後輩だったり、
イジられキャラだったりするとイキイキしているのに、
自分よりも上の立場の人間とは、うまく絡めない。
一方、同時期にブレークし、ともに高視聴率タレントといわれるマツコは、
どの立場の相手ともうまく渡り合える。
有吉とマツコの一番の違いはそこでしょう」(テレビ局プロデューサー)

しかし・・・

現状では、各局ともレギュラーだけでなく特番でも有吉をトップに据える

企画を検討し続けているようです。

この状態が維持できているうちに、有吉弘行さんは“弱点”を克服するべき

なのかもしれないとも言われています。

有吉&夏目三久はいったいどうなってるの?

「有吉弘行 夏目...」の画像検索結果
一部マスコミでは、有吉弘行さんと夏目三久さんの交際自体は

事実だった言われています。

2人は、『マツコ&有吉の怒り新党』での共演から交際に発展、

最初にアプローチをかけたのは、夏目三久さんの方だったようです。

「共演を重ねるうちに、夏目は有吉に惹かれていき、
そのことをマツコにも相談していたそうです。
マツコは『言っちゃいなさいよ!』と後押しし、
夏目は見事に有吉と交際することとなった。
そのことで、夏目はマツコに何度も感謝の言葉を送っていた……という話が
マスコミ関係者の間でささやかれています」(記者)

ところが、理由は定かではないものの、今年3月、

有吉弘行さんは夏目三久さんに別れを告げたというのです。

そして夏目三久さんは『怒り新党』を急遽降板してしまったわけです。

こうした背景を考えると、有吉弘行さんが、今回の熱愛・妊娠報道に対して、

『これを狐につままれたような気分というのか・・』とつぶやくのも当然かも知れません。

そもそもこの一連の報道は、“真夏のミステリー”として、季節の移り変わりと共に、

風化していつしか忘れ去られるのかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。