広島市民はバナナ好き?バナナの効果と消費量日本一の謎を追ってみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バナナ

 

広島市民は、実は無類のバナナ好き?

総務省の家計調査(都道府県庁の所在地別)によると2020年のバナナの消費量、

金額ともにトップと言う結果に広島市民として驚いております。

名産地でもなく、バナナを使った名物があるわけでもない。

そんな興味深い謎を追ってみると・・・

 

スポンサーリンク

広島特有の「地の利」とは?

広島の家庭でバナナがよく食べられている?!

 

2020年の総務省家計調査(県庁所在地別、2人以上の世帯)によると、
広島市が消費量・金額ともに首位だった!

 

「立地」の影響が強いと結論づけられていますが・・・

 

バナナと広島を結びつける諸説は広島県民としても興味有りなので調査開始!!

2020年バナナ年間消費量トップ10【わがまちランキング ...
広島市のバナナ消費量は1世帯(2人以上)当たり約23・9キログラム。

最下位だった静岡市の約1・5倍もある。

この10年で8回トップ10入りしており、偶然でもなさそうだ。

 

ゆめタウン広島(広島市南区)のバナナ売り場は、手頃な1房200円台から~
1本600円台の高級品までずらりと並んでいます。

 

火曜市には98円(4本~5本)のバナナがどっさりと山積みされるので
購入される方も多いのではないでしょうか?

 

売り上げも突出している。

 

ゆめタウンを西日本で展開するイズミ(東区)によると、県内の平均販売額
(千人当たり、20年12月~21年11月)は四国エリアの約1・3倍。

九州エリアより6・4%、全店平均と比べても2・0%多いとか・・・・

 

ただ、その理由となると、青果大手や小売り各社に聞いてもなかなかはっきりしないそうで・・

 

バナナのほとんどはフィリピンや南米からの輸入で、地産地消されやすい国産果物とは違う。

 

なぜ地域差が出るのか?

青果なのに「加工」に秘密?

青果なのに「加工」とは少し変だが、バナナ独特の流通形態にどうやら糸口がありそうだとか?

 

輸入バナナは未熟な状態で日本の港に届きます。

 

店頭に並ぶ前に必ず集まるのが各地の加工会社です。

 

現在、広島市には3社程度しかないそうですが、かつては多くの加工会社が集積する
バナナ流通の一大拠点だった!

 

広島バナナは倉庫で青く固い輸入バナナを熟成する広島市西区の広島バナナは、
市内に出回る商品の7、8割を扱っているといいます。

 

神戸港から届いた青く固いバナナに、倉庫でエチレンガスをあてて熟成させ、小売りなどに卸します。

 

ただ・・・中国地方最大の消費地という利点があったとはいえ、輸入港のない広島に加工会社が
集まったのはふに落ちない。

 

バナナの主な輸入港は東京、神戸、門司など全国に8カ所。

 

広島市は神戸港と門司港のほぼ中間に位置します。

 

そのためバナナが両港から届けられて大量流通するようになったのではないか?!

 

倉庫で熟成させたバナナの賞味期限は長くないのです。

 

高速道路のなかった時代は、長距離の運搬に今より時間を要した。

 

そこで中国地方のどの県へも比較的便の良かった広島で加工する利点を見いだしたのでは?

 

「広島はいわば、バナナが必ず経由する地だった」と推測されています。

 

高速道や冷蔵技術の発達で青果の遠距離輸送が容易になると各地で加工会社は減少し、
広島のバナナ人気の背景には、当地でも忘れかけられていた食品流通の歴史があったようだと・・・

 

見えてきたのは広島特有の「地の利」という背景があるようです。

よく食べる果物NO1のバナナの効果

 

バナナの房 kud0018-026

 

2005年から2019年まで15年連続でよく食べる果物1位になっているバナナですが・・・

 

日本人が最も食べている果物 バナナはビタミンやミネラル、食物繊維がバランスよく含まれて
いるので、美肌効果・貧血予防・熱中症予防・便秘予防などさまざまな効果が期待出来ます。

 

さらにバナナはいろいろな種類の糖を含み、それぞれ体内に吸収される速度が違う為、血糖値の
上昇が緩やかになり、脂肪を溜め込むことを防ぎ、ダイエット効果も期待出来る食品です。

エネルギー(86kcal)

栄養豊富で甘いバナナはカロリーが高いと思われがちですが、実は1本約86kcalと、
ごはんやパンと比べても低カロリー!

 

ご飯だとお茶碗半分、6枚切りの食パン半分(何もつけない)と同じカロリーとなります。

 

日常生活で不足しがちな栄養がバランスよく含まれているため、健康な生活に欠かせない果物です。

カリウム(360mg)

バナナはカリウムを豊富に含んでいる果物です。

 

カリウムにはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧やむくみの解消、
運動中に筋肉がけいれんするのを防ぐ、などバナナを摂取することで様々な効果が期待出来ます。

食物繊維(1.1g)

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

 

食物繊維は食事でとった栄養素の体への吸収速度を遅くしたり(血糖値の急上昇を抑制)、有害物質を
体外へ排出する働きがあります。この2つの働きによって、便秘対策に効果が期待出来ます。

水溶性食物繊維の働き

・腸で水分を吸収し、排泄を促す
・コレステロールの吸収を抑制する

不溶性食物繊維の働き

・咀嚼回数を増やし、満腹感を与える
・腸の内容物を吸着し、排泄を促す

糖質

バナナに含まれる糖質はブドウ糖、果糖、ショ糖などいろいろな種類を含んでいます。

種類によって体内でエネルギーに変わる速さが違うため、即効性と持続性を併せ持つ優れた
糖質の供給源だと考えられています。

 

また、一緒に含まれている食物繊維にも糖質の消化速度を緩やかにする働きがあるため、
腹持ちが良く、血糖値が急激に上昇しないのも特長の一つです。

 

脳のエネルギー源であるブドウ糖のほか、糖が脳のエネルギーになるのをサポートする
ビタミンやミネラルも一緒に含んでいるので、集中力アップ効果が期待出来ます。

ビタミン

ビタミンB1(0.05mg)

糖からエネルギーを得るために働く水溶性ビタミンの1つで、中枢神経および末梢神経の機能を
正常に保つ作用があります。

 

また、調理による損失が大きい栄養素でもありますが、バナナなら生で食べられるので
調理損失の心配をする必要はありません。

 

「糖質の代謝を助ける」「中枢神経や末梢神経の働きを正常に保つ」「むくみ対策」
「疲労を回復する」などの効果が期待出来ます。

ビタミンB2(0.04mg)

脂質の代謝をサポートする水溶性のビタミンです。

 

発育のビタミンなどとも言われ、体の成長や髪や皮膚、爪などの形成にも深く関与しています。

 

光とアルカリに不安定で、反応を起こしやすい特徴があり、熱には強いが、水に溶ける性質があります。

 

「脂質の代謝を助ける」「過酸化脂質の分解を促進する」「口内炎対策」「皮膚、爪、髪の毛の健康を
維持する」などの働きが期待出来ます。

ナイアシン(ビタミンB3)(0.7mg)

ナイアシンとはニコチン酸、ニコチンアミドの総称で、生体内でエネルギーを生み出したり、
脂質の代謝、アミノ酸代謝などに関係するビタミンです。

 

脂質やアミノ酸の代謝を助ける」「皮膚や粘膜の健康をサポートする」などの働きが期待出来ます。

ビタミンB6(0.38mg)

たんぱく質の代謝に関係する栄養素です。

 

人体においては髪や皮膚、歯などの健康維持増進に働くほか、神経の働きを正常に保つなどの
作用も持っています。

 

「たんぱく質の代謝を助ける」「神経伝達物質の合成を助ける」「成長を促進する」「貧血対策」
などの働きが期待出来ます。

葉酸

葉酸は「造血に働くビタミン」と呼ばれるビタミンB群の一種です。

 

水に溶けやすく加熱にも弱いため、水洗いせず生のまま食べられるバナナなら栄養素を
損失することなく摂取できます。

アミノ酸

セロトニンは脳にある神経伝達物質の一種で、アミノ酸であるトリプトファンから合成されて
体内で作られます。

 

トリプトファンは、バナナに多く含まれていますが、他の果物にはほとんど含まれていません。

 

「神経を落ち着かせる」「睡眠を促す」などの働きがあります。

免疫力(バナナの機能性)

免疫システムをしっかり働かせるためには、十分な睡眠やストレスの解消、そして栄養バランスの
とれた食事を日常的にきちんとしたリズムでとるなど、生活習慣の改善が重要だと考えられています。

 

なかでも、忙しい現代人は栄養バランスの良い食事をおろそかにしたり、一食抜いてしまったりしがち。

 

そういうときに強い味方となってくれるのがバナナです。

 

バナナには体が必要とする栄養や機能性成分が含まれ、皮をむくだけで簡単に食べることができるので、
時間がないときでも、手軽にバランスのとれた栄養補給をすることができます。

まとめ

バナナは、栄養バランスの王様!

バナナは、炭水化物やタンパク質の他、ビタミン、ミネラル、葉酸、食物繊維など
バランスよく栄養素が含まれている優れた果物です。

老若男女問わず、毎日の食生活にバナナを取り入れて健康的に過ごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。