Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

農家民宿Banjaには昔話のおくどさんのご飯が懐かしい!【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【人生の楽園】2018年12月22日(土)午後6時~6時30分

京都・京都市京北~ 囲炉裏の温もり 古民家宿 ~

9割以上を山林が占める自然豊かなこの地で、農家民宿を始めた田中正則さん(54歳)と

なみさん(52歳)が主人公です。

 

スポンサーリンク

田中正則さんプロフィール

神戸市出身の正則さんは、旅をすることが好きで、20代はデンマークに留学。

 

その後30カ国以上を巡られました。

 

世界各地の文化や地元の方と触れ合うことを楽しまれながら、

 

「日本人とは何だろう、自分はいったい何者なのか」と?

 

疑問を持ち始め、辿り着いたのは、昔話に出てくるような、
平和でシンプルな暮らしを送ること!

 

帰国してからも日本各地を巡り、京北の地と出会い、
32歳の時、なみさんと結婚されます。

 

築数百年以上の古民家に移り、農協で働きながら3人の息子を育てられました。

 

Banjia

 

おくどさんでご飯を炊き、囲炉裏を囲んで家族で食事をする毎日。

 

お試し移住のつもりが、気づけば20年近くが経過していました。

 

いつしか「自然と共にある暮らしをみんなに知ってもらいたい」と
思い始めるようになった正則さん。

 

なみさんと話し合い、民宿をやることを決意され、2016年に早期退職して
農家民宿「Banja」をオープンされました。

農家民宿「Banja」とは?

京都の中心部から周山街道 国道162号線 を北へ車で一時間程のところに、鮮やかに
四季を映し出す豊かな自然に恵まれた山里。

 

京北下熊田町下町(しもんじょ)という小さな集落に農家民宿「Banja」と、
平成28年12月に古民家一棟貸しの「五右衛門」が加わり2軒になりました。

Banja

「昔話に出てくるような暮らしをみんなと楽しみたい」と農家民宿を始めた
田中正則さんとなみさん。

 

「おくどさん」でご飯を炊く生活なんて若い方には馴染みもないし・・・
ホントに昔話に出てくる光景で懐かしいです。

 

観光化されていない、普通の田舎の暮らし!

 

私世代の子どもの頃は、「おくどさん」でご飯を炊いていました。

宿泊施設Banjaの魅力

 

この宿泊施設は京都市で最高のロケーションと評判!

住宅街の周山町に位置し、京都駅から車で約60分のロケーションです。

 

この都市にある他の宿泊施設と比べて立地条件抜群で、カップルに好評のロケーション!

 

山の景色を望む農家民宿 Banjaは、バーベキュー施設を併設されています。

 

敷地内の無料専用駐車場、館内全域での無料Wi-Fiを提供されています。

 

滞在中は宿泊施設を貸切で利用でき、無料バスアメニティ、ヘアドライヤー、
併設のキッチンを利用できます。

 

農家民宿 Banjaでは陶芸体験、畑での野菜の収穫体験も楽しめるようです。

 

「農家民宿Banja」の画像検索結果

地元産の米、自家製味噌を用意されています。

清々しい山の空気を感じ 朝の散策など・・・・

農家民宿Banja公式ページ

昔ながらの囲炉裏やかまどを使った暮らしをゆるりと楽しみたいですね。

農家民宿Banjaお泊り料金

 

ご夫婦の奮闘ぶりと、2人を応援し、支えてくれる地域の皆さんや
宿泊客との交流の様子が紹介されます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。