三次鵜飼

三次の夏の風物詩【鵜飼】は古事記や万葉集にも登場している

長い歴史を誇る伝統漁法です。

篝火の灯りが涼しい夜の川面を照らし、烏帽子に腰蓑装束の鵜匠が

見せる熟練の手さばき!

遠近に川音を聞きながら,水面で繰り広げられる鵜匠と鵜が一体となった

幻想的な世界へと誘う、真夏の夜の歴史絵巻をお楽しみください。

続きを読む