ヒロシマの恩人Dr・ジュノー博士の第28回記念祭が開催されます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

平成29年6月18日 第28回Dr・ジュノー記念祭が開催されます。

「ジュノー博士のお陰で救われた被爆者は2万人とも3万人とも」と語り継がれる広島の恩人、

スイス赤十字のマルセル・ジュノー博士。

広島に原爆が投下された1945年8月6日から1カ月後に現地を訪れた初めての外国人医師でした。

 

スポンサーリンク

Dr・ジュノー博士って?

マルセル・ジュノー博士は、赤十字国際委員会の駐日主席代表(日本に来て赤十字の
活動をする偉い人)に就任して、広島に原爆が落とされた後、たくさんの薬や、
医療材料を届けてくれた【ヒロシマの恩人】です。

 

原爆の被害にあったその頃の広島は、家も病院も壊れてしまって、お医者さんも
看護婦さんも、自分たちが傷ついていながら一生懸命にけが人や病人の治療をしたけど、
焼け野原の広島にはほとんど薬はなかったのです。

 

 

1904年5月14日:スイスのヌーシャテル州ラ・ショー=ド=フォンに生まれる。

1935年10月:赤十字国際委員会の要請を受けて派遣員となり、
エチオピアへ赴く(第二次エチオピア戦争)

1936年7月: 赤十字国際委員会の要請を受けて派遣員となり、
スペインへ赴く(スペイン内戦)

1939年9月:赤十字国際委員会の要請を受けて兵役義務を免除され、
派遣員となる。

1961年6月16日: スイスにて没。

1979年: 広島平和記念公園に顕彰記念碑が建立。

Dr・ジュノーのヒロシマへの功績

この様子を知ったDr・ジュノーは、連合国司令官のマッカーサーに薬の援助をお願いし、
自分も救援活動に参加するために広島に来られました。

 

トラックで運ばれた15トンの薬には、それまで日本にはなかったペニシリンなどもあって、
その効き目にみんな驚き救われた被爆者が2万人~3万人とも言われています。

 

Dr・ジュノーの功績をたたえて

Dr・ジュノーはスペイン内戦の際にはフランコ政権側から、第二次世界大戦時には
ドイツ側から危険分子とみなされており、ゲシュタポの拘束を受けたこともあるようです。

 

広島の惨状を知った際にはいち早くGHQに交渉して医療物資を提供させるなど交渉人としても
卓越した人物でした。

 

広島にいた間に、たくさんの救護所を廻って傷ついた人の治療をされ、スイスに
帰ってからは「原爆を人間は使ってはいけない!」と世界中に呼びかけられました。

 

ジュノーさんのことを忘れないこと、二度と戦争がおきないこと、平和な世界になることを
誓うために、1979年に平和公園の近くに顕彰碑が建てられました。

第28囘 Dr・ジュノー記念祭開催

1979年に広島県医師会、日本赤十字社が中心となって建立されました。

 

顕彰碑のものと同じブロンズ製のレリーフをはめ込んだ碑が、スイスのジュネーヴ市にも
2006年建立されたようです。

 

1990年からジュノー忌(6月16日)頃、毎年ジュノー記念祭を開催され、今年第28回の
ジュノー記念祭が開催されます。

第28回ジュノー記念祭開催

開催日: 6月18日(日)午前10:00~11:30
場所:  平和資料館東館地下1F メモリアルホール
出演団体:広島少年合唱隊・ガールスカウト広島県連盟
日本ボーイスカウト広島県連盟・府中緑が丘中学校吹奏楽部
事務局: 広島県医師会  広島市東区二葉の里3-2-3 082-568-1511

 

 

マルセル・ジュノー(著)、丸山幹正(訳)『ドクター・ジュノーの戦い 増補版』(勁草書房、1991年)
日本テレビ系列で放送されていた『知ってるつもり?!』でも、生涯や功績が取り上げられました。

 

【ヒロシマの恩人】として参列してきたいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。