がん検診を安易にすすめないで下さい!害のあることも~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

芸能人やメディアのみなさんにお願いがあります。

ブログやSNS、ネット記事等で、がん検診を安易に勧めないでください。

無条件にいいことだと思われていますが、がん検診にはデメリット(害)もあります。

よかれと思ってしたことで、かえって多くの人に害を与えてしまうことに

なるかもしれないのです。

衝撃的な言葉ですが気になって紐解いてみました。

 

スポンサーリンク

芸能人のガン報道で検診が殺到

ここ数年、がんにかかったことを公表する芸能人が相次いでいます。

昨年6月9日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが記者会見を開き、

妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)が「進行性の乳がん」で

あることを公表し、大きな衝撃を与えました。

この2月18日(土)にも、女優の藤山直美さん(58)に、

藤山直美
初期の乳がんが見つかったと報道されました。

藤山直美さんは10年前から乳がん検診を受けており、今年1月の検診で

要再検査となったそうです。

芸能人のみなさん、SNSで安易にがん検診を勧めないでください!

その理由は?

医療機関に乳がん検診を希望する若い女性が殺到し、

こうした報道があると、必ずと言っていいほどネットでは、

がん検診の受診を促すメッセージが盛んに発信されます。

北斗晶さんが乳がんを告白したときも、20代、30代の若い女性芸能人が

相次いでブログやSNSなどで乳がん検診を呼びかけました。

その影響で、医療機関には乳がん検診を希望する若い女性が殺到したそうです。

芸能人のみなさんも、乳がんで命を落す人が一人でも減るようにと、

良心から乳がん検診を呼びかけたのだと思います。

ですから、その善意をとがめる気はまったくありません。

しかし・・・

乳がん検診の推奨年齢に制限があることを、みなさんはご存知だったでしょうか。

乳がん検診は現在、乳房専用のX線装置であるマンモグラフィで行われていますが、

国のガイドラインによると、マンモグラフィ単独法の推奨年齢は40~74歳、

マンモグラフィと視触診の併用法は40~64歳とされています。

なお、超音波検査をがん検診(対策型検診)として行うことは、

どの年齢でも推奨されていません
(国立がん研究センター「科学的根拠に基づくがん検診推進のページ」)

と報じられているのです。

スポンサーリンク

若い女性の乳がん検診は害の方が大きい

なぜ、20代、30代には、乳がん検診が推奨されていないのでしょうか。

それは、乳がん罹患率が高くない若い女性が乳がん検診を受けると、

メリットよりもデメリット(害)のほうが大きいと判断されているからです。

乳がん検診に、どんなデメリット(害)があるのでしょうか。

気になりますねぇ~~

まず挙げられるのが、「放射線被ばく」に伴う発がんリスクです。

このリスクは若い女性ほど高いとされていますから、

しこりが心配で乳がんの検査を受けるとしても、

20代、30代は原則的に、放射線被ばくをするマンモグラフィは

受けるべきではありません。

次にあげられるのが「偽陽性」の害です。

偽陽性とは、結果として乳がんではなかったのに、

「要精密検査」とされてしまうことを意味します。

乳がんの精密検査では、乳房に針を刺して組織の一部を採取する

「針生検」が行われていますが、針で痛い思いをするだけではありません。

深刻なのは「がんかもしれない」と心配になることで被る精神的な苦痛です。

結果が出るまで不眠になってしまう人や、検査後もずっと不安に

苛まれる人がいるのです。

悩み

過剰診断の害

米国では発見された「乳がん」の3分の1が「過剰診断」

もっとも深刻なのが、「過剰診断」の害とも言われています。

これは「命を奪わない病変」をがんと診断してしまうことを指します。

がんと言えばすべてが命取りになると思われていますが、そうではありません。

自然に消えてしまうものや、ずっと大きくならないもの、大きくなっても

命取りにならないものなど、さまざまな病変があるそうです。

乳がんでは、マンモグラフィ検診が普及した結果、

「非浸潤性乳管がん(DCIS)」という超早期の病変が

たくさん見つかるようになりました。

この中には、放置すると周囲に広がって命を脅かすものもありますが、

そのままじっとして広がらないものもあるそうです。

しかし、現代の医学では、どの人がどちらなのか見分けがつきません。

そのため、「がん」を見つけてしまった以上は、過剰診断だったとしても

放置できないので、ほとんど全員が、手術、放射線、抗がん剤、ホルモン剤などの

治療を受けることになります。

つまり、無用な治療を受ける可能性を排除することはできないのです。

実はここ数年、この過剰診断が予想以上に多いことが、

欧米の研究で指摘され始めています。

2012年に報告された論文では驚くべきことに、

米国の検診でこれまでに見つかった乳がんのうち約3分の1が過剰診断で、

過去30年間に約130万人もの女性が、無用な治療を受けたと推計されています

世界的に有効性が疑問視され始めている

日本で、どれだけの過剰診断があるかは不明のようです。

しかし、ある乳がんの専門医は、

「日本でも10~20%は過剰診断があるかもしれない」

と明かしてくれたと語られています。

現在、日本で乳がんと診断される人は1年に約9万人いるそうです。

毎年9000人~1万8000人もの女性が、無用な治療を受けている

可能性があるとも・・・

過剰診断の害を被る可能性があるのは若い人だけではありません。

高齢者は検診で早期がんが見つかったとしても、

がんが進行して命取りになる前に、他の病気で亡くなる可能性があります。

それに高齢者では、治療によって被るダメージが若い人より重くなりがちです。

こうした理由から、乳がん検診では年齢に上限が設けられているのです。

それだけではありません。

ここ数年、欧米からは乳がん検診に死亡率を下げる効果はないという

研究報告も相次いでいるそうで・・・

これを受けて日本乳癌学会も、2015年に改定した「乳癌診療ガイドライン」で、

50歳以上のマンモグラフィ検診の推奨グレードをAからBに格下げしました。

現在Bに格付されている40代は、今後推奨すらされなくなるかもしれません。

「早期発見・早期治療」のウソ

いまや、やみくもに乳がん検診を推奨する時代ではないのです。

昨年12月11日付の「日経ヘルス」で、聖路加国際病院乳腺外科部長の

山内英子医師も、次のようにコメントしています。

「そろそろ、必ず検診に行かねばならないという、
“がん検診神話”は捨ててほしい。乳がん検診の場合、
発症リスクの低い人が検診を受けることで、
過剰診断や偽陽性、被曝のリスク、精神的な負担などの不利益が、
検診による利益を上回ることも。
発症リスクを考慮して、必要な人が、
その人に合った方法で検診を受けてほしい」

乳がん専門医も「そろそろ“がん検診神話”は捨ててほしい」

こうした事実を知っている芸能人やメディアの方々は、

恐らくほとんどいないのではないでしょうか。

乳がん検診を推奨するのならば、少なくとも国や学会の

ガイドラインは踏まえておく必要があると私は思います。

山内医師は、日本乳癌学会で理事を務める著名な専門医です。

このとおり、がん検診に限界があることは、乳がんの専門医も認め始めています。

がん検診を受けてはいけない人がいること、がん検診には深刻なデメリットがあること、

そして「寿命をのばす」という確たる科学的証拠はないことを、

ぜひ多くの人に知っていただきたいと思います。

ここに引用で書かせて頂いたのは、本当に納得の内容です。

「ガンは治ったけど命がなくなった」

そんな事例はたくさん垣間見てきました。

余命3ヶ月と医師に告げられ、苦しいがん治療をやめて13年を意のまま

楽しみながら生きた義兄もいます。

正しい認識のもとに選ぶ道は「自分」です。

定期検診、ガン検診なるものにはこの歳でも私は行ったことがありません。

知ってどうする?

こんな感じで日々元気ならそれでいい・・・

「洞窟おじさん」のテレビドラマを見ながらつくづくしみじみ感じました。

この本にも詳しく書かれています。

偽陽性や過剰診断の急増は乳がん検診だけでなく、

前立腺がん検診などでも指摘されています。

さらには、どのがん検診にも「命を救う」(寿命をのばす)という

確たる科学的証拠はなく、世界的に有効性が疑問視され始めています。

自分の身体とどう向き合うかは自分が決めて歩けばいいと私は思っています。

日々元気で暮らせることに感謝しながら・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。