橋本美穂通訳のプロフィール驚きの年収と経歴!旦那と子供は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【情熱大陸】6月4日(日)23時00分~23時30分

同時通訳を行うバリバリのキャリアの橋本美穂さん、あのPPAPでお馴染みのピコ太郎さんや、

ふなっしー、それ以外にも、投資分野や医療、IT関係に携わる超がつくほどの

同時通訳者のプロ中のプロなんだとか・・・・

 

スポンサーリンク

 

橋本美穂プロフィール

名前:  橋本美穂(はしもとみほ)
生年月日:1975年(42歳)
出身地: アメリカテキサス州ヒューストン
出身大学:慶應義塾大学

幼少期を東京で過ごし小学生で再びアメリカへ、サンフランシスコで5年滞在後は

神戸で関西弁もマスターされたとか・・・

自らを「ガリ勉だった」と振り返る勉強家だったようです。

慶應義塾大学卒業後、キヤノンに就職。

9年間務めた後、通訳者の世界に転職されています。

自分の言葉をより明確に伝える為アナウンススクールで滑舌や発声法、

イントネーションを学び、自身の微妙な訛りまで改めたそうです。

独立し10年の42歳の橋本美穂さんに迫ってみます。

橋本美穂さんの同時通訳が凄い!

ピコ太郎さんやふなっしーで魅せた同時通訳が秀逸と話題になりました。

出身大学は慶應義塾大学総合政策学部となっています

総合政策学部というのは問題解決のプロフェッショナルを

育成するところのようです。

慶應義塾大学を卒業後はキヤノンに入社され、新製品導入のプロジェクトマネージャーを

つとめられていたそうです。

その後日本コカコーラの専属通訳者となり、現在はフリーランスの通訳者として独立されました。

橋本美穂の通訳力

橋本美穂通訳

 

ふなっしーとピコ太郎さんとの通訳では雰囲気が全然違うようです。

インタビューではふなっしーの通訳のときはふなっしーになりきろうとしていらっしゃるとか・・・

ふなっしーの雰囲気を伝えるために、ちょっと早口の喋りになっているそうです。

同時通訳は相手が何を言いたいのか?

全く分からない状況で、相手の言葉を理解しながら同時に通訳をするという・・

ぶっつけ本番の失敗は許されないお仕事です。

[ad#co-1]

通訳者になったきっかけは?

はじめから通訳になりたいと思ったわけではなく、キヤノンで働いているときに

上司からいきなり通訳をたのまれたのがキッカケでしたが・・・

当時の橋本美穂さんは、言われていることが理解できるし話もできる

英語力はあったようですが、いざ通訳をしてみると・・・

まったく役に立たなかったそうです。

言っていることは理解できても、うまく伝えることができない!

そこから・・・橋本美穂さんは、通訳の勉強を始めたそうです。

できないことをバネにして追求してゆく・・・

ここが・・・プロフェッショナルの仕事につながる【要】でしょうね。

旦那や子供はいるの?

橋本美穂さんは、結婚していらっしゃるのでしょうか?

情熱大陸では生活が密着されるので、その部分もわかるといいのですが・・・

情報は見当たらないようです~~~WW

通訳者の年収が気になる?

橋本美穂さんのように通訳をされるかたはどのくらいの報酬をいただけるのでしょうか?

通訳の平均年収は600万円から800万円と言われているようですが・・

橋本美穂さんが高く評価されるのは、エリート中のエリートと言われる

【同時通訳】が要因のようです。

ただ、最大年収は1000万円を超えることもあるのだとか。

橋本美穂さんは翻訳の仕事もされていますし

講師の仕事もされているそうです。

翻訳の仕事もやり方によっては1000万円を狙えるのだとか。

フリーランスの翻訳者として独立された橋本美穂さんは、

話題性もあり、1000万~2000万円近くはあるのでは?

英語ができればなれるものでもなく、文章力、国語力、センスが

問われるお仕事で誰でもがなれる仕事でもないようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。