Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

広瀬すず「怒り」で見せた稀有な女優要素の魅力に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

広瀬すず

「悪人」に続き、李監督が吉田修一のミステリー小説を映画化した「怒り」は、

現場に「怒」という血文字が残された1年前の未解決殺人事件を軸に、

千葉、東京、沖縄を舞台にした3つの物語が紡がれる群像劇に今や映画やテレビに

引っ張りだこの女優・広瀬すずさん(18)が挑んでいます。

スポンサーリンク

広瀬すずさんってどんな人?

広瀬すずさんには、姉の広瀬アリスさんがいます。

姉・アリスさんの所属事務所社長が家族と会った際に声をかけられたことを

きっかけに芸能界入りされたようです。

生年月日   1998年6月19日(18歳)
出生地    静岡市清水区
身長     159cm
血液型    AB型
職業     ファッションモデル 俳優・女優
ジャンル   テレビドラマ 映画コマーシャル
所属     フォスタープラス

2012年8月に開催された雑誌の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2012」に

6,515人の応募者の中から読者投票で最後の4人に残り、専属モデルになり、

姉・アリスさんもすでに『Seventeen』専属モデルとして活動しているため、

結果として姉妹で『Seventeen』モデルとなっていらっしゃいます。

12月、ベネッセコーポレーション『進研ゼミ高校講座』のCMに起用され、CM初出演。

2013年4月から6月に放送されたドラマ『幽かな彼女』(関西テレビ)で女優デビューされています。

9月に公開された映画『謝罪の王様』でスクリーンデビュー。

11月に山下達郎「クリスマス・イブ(30th Anniversary Edition)」の

ショート・フィルム(ミュージック・ビデオ)に出演し、初めて主演を務めたとあります。

広瀬すず 姉妹

2014年4月、大塚食品「ビタミン炭酸 MATCH」CMで姉・アリスと姉妹共演。

11月、第93回全国高等学校サッカー選手権大会の応援マネージャーを務めることが発表され、

姉・アリスも第89回大会において応援マネージャーを務めていたため、

全国高等学校サッカー選手権大会では初の姉妹での応援マネージャー起用となったようです。

引くてあまたの活躍ぶりが伺えますね。

第39回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しており、映画『怒り』の9月17日公開が控えています。

広瀬すず 姉妹

「怒り」ってどんな映画なの?

自らオーディションで役を勝ち取り、スパルタな指導で知られる『悪人』の李相日監督から

“ボロクソ”に言われながらも、歯を食いしばり必死に耐え抜いたという広瀬すずさんですが、

母親と夜逃げ同然で沖縄の離島に移り住んできた泉(広瀬)は、

無人島にこもるバックパッカー・田中(森山未來)と出会い、

不思議な魅力に惹(ひ)かれていく一方で、過酷な運命に直面することになる。

というドラマの脚本を読むほど「自分の中で何かが変わりそうな予感がした」という

広瀬すずさんの「持って生まれた魂の強さ、存在から放たれるエネルギーは他の人にない魅力。

その魅力を引き出すためには現場で千本ノックかな」と語る監督の鬼指導が

今後の広瀬すずさんを女優として大きく華開かせてくれるのでしょうね。

広瀬すず怒り

何もかもボロクソに監督の鬼指導に感謝

映画・ドラマ・CM出演も続き、順風満帆に思える広瀬すずさん。

当の本人は自分の演技が未熟すぎると語っていらっしゃいます。

「今思うと、李監督によって自分に欠けていたことをいろいろと気付かされました。

この作品に出会っていなかったら、自分の限界を知らずにいろいろ終わっていたかもしれない。

それくらい本気にさせてくれた」

持てる全ての感情を吐き出して、女優として新たな可能性を示してくれた広瀬すずさん。

「怒り」は渡辺謙をはじめ、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡ら

日本映画界を牽引する役者が名を連ねています。

偉大な先輩に出会えた喜びを素直に受け入れ、明日への活力に還元する広瀬すずさんは、

「皆さんの背中を追いながら、わたしも役を『生きる』女優を目指したい」と

目を輝かせ大きな舞台に立ったことで、更なる飛躍が期待できる素敵な広瀬すずさん。

現在公開中の映画「怒り」では、米兵に強姦されるというヘビーな役どころを

演じていらっしゃいます。

その演技は評論家筋に高く評価され抜群のビジュアルと演技力、

あふれる好奇心に向上心に負けん気。

“女優要素”を余すところなく兼ね備えている存在だと評価されています。

今も先々も、ずっと見続けていたい稀有な女優として、

「怒り」の公開をたのしみにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。