広島カープの協力を得て「塩分カットばせ!応援店」募集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

広島カープ

 

「DAZN(ダ・ゾーン)」は、10~50代のスポーツファン男女1,030人に

「2016年の振り返り スポーツに関する意識調査」を実施しました。

対象は、10~50代のスポーツファン男女1,030人。

「2016年に最も印象に残ったスポーツの瞬間」には、

広島の街中を真っ赤に染めた「広島東洋カープ、25年ぶりのリーグ優勝」が

1位に選ばれました。

2位は「イチロー、メジャー史上30人目の3000安打達成」、

3位にはリオ五輪レスリングの「吉田沙保里、4連覇ならず銀メダル」がランクインしています。

スポンサーリンク

今年の漢字一文字にも

今年の漢字一文字にも、広島カープのチームカラーである「赤」や、

緒方孝市監督が鈴木の活躍ぶりに対して放った「神ってる」の一言から

「神」が多く挙げられているようです。

「2016年のスポーツ界を現す漢字一文字」を尋ねたところ、

「金」「輝」「躍」がトップ3に選ばれ、

リオオリンピックで日本勢が過去最多の41メダル、

12の金メダルを獲得したことや、世界レベルで日本人選手が

活躍したことを現す漢字が選ばれたようです。

スポンサーリンク

2016年のMVPは・・

投手と打者の“二刀流”として名を広めた日本ハムの「大谷翔平」が1位となっています。

2位にはリオオリンピックで96年ぶりに日本人として銅メダルを獲得した「錦織圭」、

3位にはメジャー通算3000安打を記録した「イチロー」が選ばれています。

「2016年の振り返り スポーツに関する意識調査」は、

興味深かったので書いてみましたが・・・

ここからが本題です~~\(^^@)/

「塩分カットばせ!応援店」募集

県民の塩分取りすぎを改善しようと、県はプロ野球・広島東洋カープの協力を得て、

対策に乗り出しました。

塩分を控えたメニューの開発など塩分摂取量低減に貢献した飲食店を

「塩分カットばせ! 応援店」と認定し、ステッカーを交付しています。

 

広島県では,広島県食育推進計画(第2次)において,「1日の食塩摂取量の減少」
を重点目標とし,この目標に向けた取組の一つとして「健康生活応援店」推進事業を
展開しています。
この度,「健康生活応援店」のうち“塩分控えめ”に関する認証基準に該当する店
舗等を,通称「塩分カットばせ!応援店」として募集します。
当該認証を受けると,広島東洋カープとコラボしたステッカーを交付します。
貴メディアにおいて,当該応援店への募集周知に御協力くださるようお願いします。

 

県は2013年度の「食育推進計画」で、厚生労働省のデータに基づき

県民の1日の塩分摂取量を8グラム以下とする目標を定めました。

広島県では,広島県食育推進計画(第2次)において,

「1日の食塩摂取量の減少」を重点目標とし,

この目標に向けた取組の一つとして

「健康生活応援店」のうち“塩分控えめ”に関する認証基準に該当する店舗等を,

通称「塩分カットばせ!応援店」として募集しています。

当該認証店には,広島東洋カープとコラボしたステッカーが交付されます。

※申込手続,詳細は店舗所在地を管轄する保健所等にお問い合わせください。

塩分カットばせ!応援店公式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。