川本えごまの会は応援します!体に必要な栄養は畑の青魚で【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【人生の楽園】11月11日(土)午後6時~6時半

島根・川本町~ エゴマで故郷を元気に! ~

川本町には、「川本エゴマの会」という有志で結成された団体があります。

自然豊かな故郷でエゴマを栽培し、長年かけて町おこしを進めてきた

竹下禎彦さん(77歳)と妻の美智子さん(78歳)が主人公です。

 

スポンサーリンク

 

竹下禎彦さんプロフィール

川本町出身の禎彦さんは、まじめできっちりした性格のようで・・

郵便局に勤め、配達などを担当されていました。

39歳の時、知人の紹介で知り合った養護教員の美智子さんと結婚され、

50代で早期退職後、造園会社で働きながら両親の田畑を継ぎ、蕎麦や米などを栽培する

兼業農家となられたようです。

かつては周囲に広がっていた豊かな田園風景が、休耕田となり荒れはじめたことに、

禎彦さんは心を痛め、時代の流れと共に、故郷の風景が様変わりしていくことに、

常々、田畑の有効活用について思いを巡らせていた禎彦さんが目を付けたのが

「エゴマ」でした。

エゴマとは?

 

エゴマは、病虫害に強く栽培しやすい作物と言われています。

また、 葉・種・油と全て摂取することができ、捨てるところが無く、そのままでも、

またお菓子などの加工品にも用いられます。

なかでも油は、“α-リノレン酸”という良質な脂肪酸を多く含んでいます。

α-リノレン酸は体内で合成されず、食事によって摂取するしかなく、

体内でEPAやDHAに作り変えられます。

魚油に多く見られる成分のため、エゴマは“畑の青魚(EPA・DHA)”と言われています。

エゴマとの出会い

スポンサーリンク

 

禎彦さんが旅行をきっかけにエゴマと出会い、60歳を過ぎた頃、エゴマの種を手に入れ、

独学で栽培を学び始め、川本町三原地区で、一人で栽培を始められました。

地元の人たちにも「一緒に栽培しよう」と呼びかけ、仲間たちも加わり地域ぐるみで

エゴマを育て始められます。

この時、結成されたのが「川本エゴマの会」。

そんな竹下さんのえごま普及の取り組みは少しずつ川本町に輪を広げ、

 

平成16年に「川本エゴマの会」は設立されました。

最初に禎彦さんが「みんなでエゴマを育てよう」と呼びかけた時は、

みんな半信半疑で、仲間たちも過去を振り返って

「そんなものを育てたって…とぼろくそだった」

「こんなにいいものとは知らなかった」と語っていらっしゃいます。

今は皆さん、生きがいを持ってエゴマ栽培をして、みんなで栽培について

試行錯誤を繰り返しながら、禎彦さんは油を絞るために必要な機械を

徐々に買い揃え、15年の間に絞り機・乾燥機・家の改装と進めていきました。

最初は無関心だった美智子さんも、エゴマを通じて広がっていく交流に生きがいを感じ、

今は全面協力され、現在では、町内だけでなく島根県内にも、

そして個人の農家だけでなく企業などの賛同も得て、

エゴマの普及、健康生活への取り組みを続けておられます。

川本町といえばエゴマ

 

竹下家にはこの洗浄機を含め、搾油機や乾燥機など沢山の機械があります。

実はかなりのお値段だそうです。

美智子さんが老後のために貯金していたお金も「貸して」と機械を買うために

使ってしまった禎彦さん。

「返す返すって言って、全然返してくれない!」と笑いながら愚痴を言う美智子さん。

自宅に設けた搾油所で、禎彦さんがエゴマの油を搾ります。

6キロの実を機械に入れ、圧力をかけ、油を搾り出します。

絞り出されたエゴマ油は2リットルほどで、ここまですべて手作業、

大変な工程を経て、黄金色に輝きながら流れ出る油。

それを見た禎彦さんは「感無量ですね、苦労の結晶です」と嬉しそう。

会のメンバーが育てた実から作るエゴマ油やお茶などの加工品は、

いまや川本町を代表する特産品。禎彦さんのアイデアが実を結び

「川本町といえばエゴマ」となりました。

川本エゴマの会・エゴマの郷 竹下禎彦
〒696-1224
島根県邑智郡川本町三原149-6
TEL 0855-74-0607
FAX 0855-74-0607

 

ご夫婦が栽培するエゴマは、乾燥させた実を絞る「エゴマ油」や葉を乾燥させて

「エゴマ茶」などに加工。

油のビン詰めをし、ラベルはりをする際は、禎彦さんのきっちりした性格が出て、

少しでもずれると貼り直しだそうで・・・

大らかなタイプの美智子さんと喧嘩になる事もあるとか?

エゴマの効能・効果は?

 

美肌
腸活
糖尿病の予防
肝機能アップ
ガンの予防
高血圧の予防
認知症、アルツハイマー病の予防
動脈硬化の予防
アンチエイジング
コレステロールの減少
脳卒中の予防
心疾患の予防
うつ病の予防
ダイエット

など、いろいろ言われています。

そもそも、なぜエゴマ油がこんなにもイイ効果をもたらしてくれるのか?

エゴマ油の中に、αーリノレン酸は、オメガ3脂肪酸と呼ばれるもので、

今話題のEPAやDPA,DHAと同じ脂肪酸の仲間ですね。

”畑の青魚”とも言われています。

オメガ3脂肪酸の作用とは?

中性脂肪、悪玉コレステロールの減少血栓の予防脳や網膜の神経伝達をスムーズにする

この作用によって、病気を防いでくれ、しかも、αーリノレン酸は、

人の体の中で、EPAやDPA、DHAに変わります。

ということは、αーリノレン酸をたべることで、オメガ3脂肪酸の必要なものは

すべてまかなえてしまうんですね。

エゴマ油を食べることは、多くの病気を防いで、健康にしてくれると言われています。

エゴマ油の1日の摂取量は、小さじ1杯から大さじ1杯弱。

サラダにかけたり、 何かに足して摂取できるのは楽でいいですね。

ただ・・・ここで注意したいのが・・・

αーリノレン酸は、熱に弱い!

炒め物とか、煮たり焼いたりすると大切な成分が変わってしまうので

そのままで食べてくださいね。

もう一つ、注意点が・・・

酸化しやすいから、低温で、直射日光のあたらない所に保管してくださいね。

冷蔵庫保管が無難です。

禎彦さんがエゴマに出会ってから15年。

今や地域を巻き込み、川本町の特産品となったエゴマ。

さらに美智子さんは、もっとエゴマを知ってもらおうと、

自宅で新たなチャレンジも始められました。

そして秋はご夫婦が最も忙しくなる季節。

エゴマの実の収穫から脱穀、洗浄など、油製造に関わる様々な作業に追われるからです。

70代後半のお二人の、生き生き充実した暮らしぶりがご紹介されます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。