Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

冬こそ楽し!スペシャル【人生の楽園】十日町市&京都

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人生の楽園
12月24日「人生の楽園」は1時間拡大スペシャル!

新潟・十日町市&京都・宮津が舞台の2組の夫婦が主人公です。

豪雪地帯に移住して冬支度を楽しむ夫婦、

若狭湾の海の幸を堪能できる民宿を始めた夫婦。

海と山で冬の暮らしを楽しむ60代の夫婦2組が紹介されます。

スポンサーリンク

豪雪地帯の暮らしは越冬準備

冬季に3~4メートルの積雪を記録する新潟県十日町市の山間で、

田舎暮らしを楽しむ本間三春さん(69歳)と妻の美和子さん(64歳)ご夫婦の紹介です。

佐渡島出身の本間三春さんは、就職のために上京し、美和子さんと結婚!

元々自然が大好きで、休日には登山やキャンプなどを楽しむうち

「いずれは山で暮らしたい」と思うようになり、美和子さんを説得し、

移住地探しを始めたそうです。

高倉集落

 

各地を巡るなかで出会ったのが、新潟県十日町市の街中から

車で30分ほどの山中にある「高倉集落」でした。

周囲を山々に囲まれた豊かな自然と、集落の人々の温かさに触れて

この地が気に入った本間さん夫婦は、退職後に暮らす場所として

家を購入し、退職後の2011年に高倉集落へ移住されました。

ご夫婦が一番驚いたのが冬の暮らし。

話には聞いていたものの、実際に4メートルもの積雪の中での生活は

大変なことばかりだったようです。

それでも、ご近所さんに助けてもらいながら、

年々冬を楽しめるようになりました。

十日町市に本格的な冬が訪れ、紅葉も姿を消して辺り一面が

すっぽりと雪に包まれました。

これからは日々、雪との戦いのようです。

雪が降る度、玄関前に積もった雪を除雪しなければいけません。

大変そうですが、「いい運動になる」と笑うお二人。

雪の中での暮らしは苦労も多いですが、雪国の美しい風景を愛で、

恩恵も受けます。

本間さんご夫婦は高倉集落の仲間たちと共に、

山暮らしを存分に楽しんでいらしゃる姿には・・・

自然を愛し感謝しながら日々暮らすことの素晴らしさが

伝わってきます。

 

画像画像

晩秋には、冬の到来に向けて漬け物作りや収穫した野菜の保存など、

越冬の準備が沢山あるようで・・・

そんな冬支度一つ一つを楽しみながら行っていらっしゃる

日々の生活が紹介されます。

そんなご夫婦が暮らす家は、豪雪地帯ならではの高床式住宅。

雪国ならではの工夫がされたお宅は、1階部分が車庫や物置になっていて、

冬になると野菜や保存食を保管する天然の冷蔵庫になるそうです。

更に、収穫したキャベツや白菜などは根っこを残してこの物置に

置くことで、日持ちを良くすることが出来るそうです。

ご近所さんから教えて貰った雪国ならではの知恵って凄いです~~

長い冬に備えて野沢菜漬けなどの保存食を作ったり、

裏山で採ったキノコを使って鍋を囲んだり

雪国暮らしを満喫していらっしゃいます。

そして今年も、白銀の季節がやってきます。

 

本間さんご夫妻はどんな冬を過ごされているのか?

雪深い新潟の「高倉集落」の里山の暮らし楽しみです~

漁師町の京都府宮津市が舞台

2組目は、京都府宮津市で漁家民宿を始めた

嶋﨑長夫さん(69歳)と妻の郁子さん(64歳)ご夫婦が主人公です。

 

人生の楽園

漁業の町、宮津市大島地域で生まれ育った嶋崎長夫さん。

高校を卒業すると地元で働き始め、保育士をしていた郁子さんと

結婚されました。

幼少期から海と共に暮らしてきた長夫さんは、

何か海での仕事をしたいと考えるようになったそうです。

退職後の56歳の時、海上タクシーの仕事を始め、

その後、漁師に転身されました。

一方、郁子さんは保育士として勤めを続けていましたが、

退職後は全く違う仕事を経験してみたいと思い始め、

以前から接客の仕事に興味を持っていたため

「お父さんの海の幸を使って、宿を始めたらどうだろう」と

思いついた郁子さん。

あまり乗り気でなかった長夫さんを巻き込み、

2015年8月に漁家民宿「長栄丸」をオープンさせました。

一日一組限定自宅の一室が宿泊部屋

嶋﨑さんご夫婦が自宅を使って始めたお宿です。

目の前に広がる若狭湾の海の幸と、「もんどり漁」などの

漁体験を楽しむことが出来ます。

これから試行錯誤して、体験メニューを増やしていく予定だそうです。

四季折々、漁師ならではの家庭の味と、美しい海が自慢です。

1泊2食:6,200円(1日1組の予約限定)
電話番号:0772-28-0739
問い合わせ時間:午前8時~午後8時
※アワビ料理は別料金。獲れた時のみ提供可。
アワビ料理:1人前 2,000円より(大きさ、量によって変わります)

長夫さんが磯に仕掛けた網を引き上げる「もんどり漁」の

体験や新鮮な魚を地元ならではの調理法で食べられるなど

お客様には評判のようです。

目の前の海で伝統的な漁を体験でき、新鮮な魚介を使った

郷土の料理を堪能でき、今の季節は立派なアワビも獲れる。

夏には磯遊びも出来ると人気の宿でした。

しかし・・・オープンから1年4カ月。

冬場の今は、全くお客さんが来ない長栄丸・・・^^:

ご夫婦は、冬でもお客さんに楽しんでもらえる事は

ないかと試行錯誤中だそうです。

豪雪地帯と漁師町

山の暮らしと海の暮らし~~

それぞれの暮らしを楽しむ2組のご夫婦が紹介されます。

人生の楽園

がむしゃらに働いてふと立ち止まった時、別の人生を歩いてみたい…。
心から「いいな」と思える充実した時間を過ごしたい…。
この番組はそんな思いを抱いている大人にむけた「いい人生の歩き方発見番組」です。
新たな第二の人生を見つけ、夢に向かって努力し、そして現在がある…(人生の楽園)

今夜も是非拡大スペシャルをお楽しみ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。