こだま食堂(栃木那須塩原)閉店!昔のラーメン味が復活【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【人生の楽園】4月15日(土)午後6時~6時30分

那須連山の麓に位置する栃木県那須塩原市が舞台です。

地元に愛されていた「こだま食堂」を復活させた鈴木利實さん(60歳)と

妻の直子さん(56歳)が主人公です。

昔ながらの懐かしいラーメン、焼きそばの味はなんとも言えない温もりを感じます。

スポンサーリンク

鈴木利實さんプロフィール

那須塩原市で「こだま食堂」を経営する両親のもとに生まれ育った利實さんは、

大学卒業後に東京の建築会社に就職されました。

直子さんと結婚し、3人の子どもが生まれ、子育てを自然豊かな故郷でしたいと

考えた利實さんは、Uターンして地元の建築会社に再就職されたようです。

食堂を営んでいた両親も歓迎してくれ、那須塩原市での生活が始まったようです。

栃木県こだま食堂

こだま食堂とは?

昔なつかしのラーメンと焼きそばのお店です。

創業60有余年、那須湯本にお店を開き、地元はもとより県外からも

多くのお客様が訪れる人気のお店でした。

昭和55年に那須塩原(旧黒磯)に移転し長年愛されてきましたが、

ラーメンと焼きそばで人気だった「こだま食堂」は、利實さんの母・コウさんが

70歳を迎えたのを機に17年前に閉店することになりました。

住宅地の中の大変わかりづらい場所であるにも関わらず多くの人を虜にしていたそうです。

スポンサーリンク

妻の直子さん!店を継ぐことを申し出

「自分が店を継ぎたい」と申し出る直子さんに「大変だから」と反対した母のコウさん。

利實さんが59歳で退職し、夫婦で再開したいと伝えると今度はコウさんも

応援してくれたそうです。

2015年、「こだま食堂」は17年ぶりの復活を果たしました。

昔懐かしい味を再現できたのは、先代の作ったタレとなる「かえし」を

直子さんが大切に保存していて、それを元に夫婦で試行錯誤を重ねたからだそうです。

 

栃木県こだま食堂

店舗情報
営業時間:平日  11:00〜15:00
土日祝 11:00〜15:00
(スープが無くなり次第終了。)
定 休 日 :木曜・金曜 ※祝日は営業
住  所 :栃木県那須塩原市埼玉6-41
電 話 : 0287-63-8645

こだま食堂公式・アクセス案内

栃木県こだま食堂

独特の甘辛いソースと、キャベツの焦げた香り。

焼きそばも驚くほどまるっきり昔のまま!

メニューは「ラーメン」「焼きそば」「チャーシューメン」の3種類。

先代の味を守り続けた懐かしの味だそうです。

餃子をおかずにご飯を食べる日本人に中国人は驚くそうですが、

このお店の通は、焼きそばをおかずにラーメンを食べるんだそうです~~

住宅地なのに車が何台も停まっているのでわかるかもしれませんが、

営業時間は11時から~終わる時間もこれまた未定だそうです。

地元に愛されていた「こだま食堂」を復活させ

懐かしい味を守り続けるご夫婦の暮らしぶりが紹介されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。