岐阜白川町 空と風と陽だまりで毎朝 の卵かけご飯【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


【人生の楽園】5月6日(土)は、愛知県からこの町に移住し、5つの清流に恵まれた

岐阜県白川町が舞台です。

憧れだった田舎暮らしで絶対やりたかったこと!

なんと・・ニワトリを飼うこと??

そんな岩佐徹さん(57歳)と妻の千歳さん(53歳)が主人公です。

 

スポンサーリンク

岩佐徹さんプロフィール

名古屋市出身の徹さんは工業高校卒業後、自動車部品工場に就職され、

29歳の時に同じ会社で働いていた千歳さんと結婚し2人の男の子が生まれました。

徹さんの趣味はアウトドアで、休日には家族を連れて釣りやキャンプなど

自然を楽しんでいらっしゃったようです。

そんな徹さんは、50代になるとライフスタイルそのものを考えるようになり、

「人生の残り3分の1は好きなことをしたい。自然の中で暮らしたい」と

移住先を探します。

スポンサーリンク

岐阜白川町の空と風と陽だまりが決め手

高齢のご両親が名古屋市周辺に暮らしていらっしゃるので、

程近い岐阜県内を中心に探し、見つけたのが白川町の築39年の空き家です。

山々に囲まれ川が流れる山里の風景が決め手だったようです。

移住先を決めた徹さんは55歳で会社を早期退職し、購入した家のリフォームなどをして

2015年4月に夫婦で完全移住されました。

東濃ひのきや白川茶、麦飯石を産することでも知られています。

 

絶対やりたいことはニワトリ飼うこと?

田舎暮らしで徹さんは絶対やりたいことがありました。

それはニワトリを飼う事!!

「ニワトリの鳴き声で朝目覚め、産みたて卵を食べる」

そんな昔のような暮らしがしたいと思っていたそうです。

私の幼少の頃の暮らしなんですけど・・・

今では・・懐かしい暮らしですよね(´∀`*)

現在は庭で4羽のニワトリを放し飼いにし、更に家の中でウズラ2羽飼っているそうです。

 

夫婦が庭で放し飼いしている鶏はホワイトレグホンの「ホワ・雌」、

チャボの「ぼっくん・雄」、烏骨鶏「うこ・雄」と「うこちゃん・雌」の4羽。

この日は、新しい仲間を迎えにご近所の土井さんのお宅にお邪魔しました。

チャボの雌を譲っていただけるんです。

「これでチャボの卵も食べられる!」と徹さんは大喜び。

新入りの名前は「桜ちゃん」です。

たまごかけご飯は外で食べる

朝ご飯を食べる場所は庭先に屋根を掛けテーブルを置いたスペースで、

名付けて「アウトドア・リビング」だそうで・・・

ここは、ご近所さんとのお茶飲みや宴会など、何かと皆さんが集まる、

ご夫婦お気に入りの場所です。

岩佐家ではご近所さんをよく招き、庭で宴会を開きます。

名付けて「アウトドア・リビング・パーティー」。

手作りの窯で焼く岩佐家定番のピザに地元の名物・ケイチャンを

食べながら皆でワイワイ盛り上がります!

「2人でのんびりしようと考えていた田舎暮らしが、

思いのほか賑やかになって嬉しい」と笑顔で語る岩佐さんご夫婦!

空と風と陽だまりのくれた贈り物

集落の風景が気に入り移住したお2人は集落をよく歩きます。

この日は散歩も兼ねてご近所さんへ卵のお裾分けです。

訪ねたのは移住して最初に知り合いになった鈴村さんのお宅。

野菜の作り方を教えてもらったり、何かとお世話になっています。

卵のお返しにと鈴村さんからほうれん草と長ネギを頂きました。

地域の有志で結成しているエイサー

地域の有志で結成しているエイサーの会にも参加しているお二人は、

週に1度の練習は欠かさず参加されています。

今年は地域の氏神様・赤河神社の春の例大祭でエイサーを

披露することになったそうです。

最初は緊張ぎみのお2人でしたが、集まった皆さんの歓声に笑顔がこぼれます。

移住して2年!

白川町は人口約8800人、面積の88%が林業が盛んで、美濃白川茶でも知られています。

【空と風と陽だまりの家 】心地よい自然に包まれて田舎暮らしを満喫する

岩佐さんご夫婦の日々の生活は・・

放し飼いの鶏が産む新鮮な卵で毎朝「卵かけごはん」!

すっかり地域に溶け込んでいるお2人の楽しそうな日々!

アウトドア好きが高じて田舎暮らしを始めた岩佐さんご夫婦の日々の生活と、

2人を温かく迎え入れてくれた地域の皆さんとの交流の様子を紹介されます。

懐かしい子供の頃の思い出が蘇ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。