山のカフェひととき鏡野町の自然農法野菜は味覚を満足【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【人生の楽園】7月8日(土)18:00~18:30

岡山・鏡野町3世帯だけが生活する山里で週末限定のカフェを始めた

田中均さん(65歳)と妻の啓子さん(58歳)さんの田舎暮らしは、

野菜作りに、稲作、山菜の収穫と・・・【山のカフェひととき】の開店と

やる事いっぱいの充実の田舎暮らしが紹介されます。

 

スポンサーリンク

 

田中均さんご夫婦は京都から鏡野町へ

均さんのひと言から、あっというまに話が進み、営んでいた町工場を畳み、

2013年11月に3世帯だけが生活する自然豊かな山里に、京都府から

岡山の鏡野町へ移住して来られました。

京都から山里への移住ってヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ勇気ですねぇ~!

山のカフェ ひととき

 

移住当初はスローライフを楽しもうと考えていた田中さんご夫婦でしたが、

実際に暮らしてみると野菜作りや稲作、山菜の収穫や渓流釣りなど挑戦したいことが

たくさん出来たようです。

田舎暮らしは、都会の暮らしにはない発見とやること満載です~~

周りは山と川しかないですもの~~ww

都会ぐらしの方には山里は未知の世界で、ある意味では憧れかもしれませんね。

山里暮らしで育った私には都会は憧れでしたし・・・

まして不便な山里暮らしには戻れない~~の意味ではすごい勇気ある決断だと

ご夫婦の行動力にはヽ〔゚Д゚〕丿スゴイと思います。

 

山のカフェ ひととき

山里には自然の恵み満載

ゼロから始めた農業も、失敗しながらだんだんと形になってきました。

山里にきて一番感謝しているのは水と山がすぐ近くにあること。

この水で育った野菜や山菜は、みずみずしくも味が濃く本当に美味しいです。

この自然の恵みを是非みなさんにも味わっていただけたらと思います。

と語っていらっしゃる田舎暮らし初心者の田中さんご夫婦に、

集落で暮らす先輩たちは山菜の知識や庭造りなどを教えてくれました。

スポンサーリンク

山の手づくりカフェ【ひととき】

そんな生活の中、均さんと啓子さんは改装した納屋を利用し、

自分たちで作ったお米や野菜、山の恵みを使った食事を提供するカフェを思いつきました。

思いついたら挑戦してみようと準備に取り掛かり、

2016年4月「山のカフェ ひととき」をオープンされました。

山のカフェひととき・詳細アクセス案内
「山のカフェ ひととき

 

ひとときのある場所は大自然の山の中。

昔から、人は仕事の合間に木陰で談をとっていました。

”ひと”が”き”の下に集まって穏やかな時間を過ごすように、

人が自然と集まって穏やかな”ひととき”がこの場所で生まれたらいいな、

という思いで”ひととき”の名前をつけられたようです。

木々に囲まれた環境のなかで自然の力を信じ・・・

それにゆだねながら育てる自然農法を実践していらっしゃるようです。

なるべく耕さず、
化学肥料や農薬を与えず、
自然に寄り沿った農業のあり方!
確かに・・・野菜には自然の恵みの味があります。

最近のお野菜は綺麗ではあるけれど・・昔とは味が違うなぁ~と

田舎育ちは一歩家を出ると野菜市場?

畑で新鮮野菜で育った味覚を身体が感知しているようで・・・

今はもう懐かしい味だよなぁ~~と・・・

虫も食わない野菜より・・・虫も食べる野菜って安全ってことよね!

スポンサーリンク

そんな時代に・・・

自然農法・無農薬で育てた自家製野菜や山で採れた自然の恵みを中心に

日本各地の安心・安全な素材を使用し、たべもの本来のおいしさを

提供しているお店があるってΣ(゚д゚;)??

豊かな自然の中で山の恵みを楽しめると・・・

遠方から訪れるお客様も増えてきているようです。

 

山のカフェ ひととき
カフェでは、畑で作った野菜や山から収穫した山菜を使ったランチ、

手作りのスイーツやハーブティーが人気のようです。

食事は3日前までの予約限定で週末のみの営業です。

山里に移り住み、集落の先輩たちと自然の恵みに感謝しながら、

カフェの営業を楽しむ田中さん夫婦の暮らしがご紹介されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。