古民家風体験工房のだけ村長崎大村で農家の暮らしを満喫【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


 
【人生の楽園】7月22日 午後18時~18時30分

「古民家風体験工房・のだけ村」は昔ながらの竹細工や農家暮らしが体験できる!

長崎県大村市で手作り工房をオープンしたが野口敏幸さん(67歳)が主人公です。

 

スポンサーリンク

 

野口敏幸さんプロフィール

かつて長崎街道の宿場町の一つとして栄えた長崎県大村市で、

農家の長男として生まれた敏幸さんは、農家は継がず建材店に勤務していました。

31歳のときに結婚し、3人の子供が生まれますが、後に離婚を経験されました。

両親が高齢となり、休日には実家の農業を手伝っていた敏幸さん。

実家に帰るたびに気になっていたのが、納屋にたくさん残っていた

昭和20年~30年代の農具や民具。

「この古い道具は我が家の財産だ。大切に残し、何かに生かしたい」
「昔の農家の暮らしが体験できる場所を作ろう」
「竹細工や木工細工など昔ながらの遊びも体験できるようにしたい」

と敏幸さんは準備を始められました。

スポンサーリンク

古い農具と民具の展示

古民家風体験工房のだけ村
 
竹細工教室に通い3カ月間学びました。

そして、2016年7月「古民家風体験工房・のだけ村」をオープンされました。

「のだけ村」には、いつも仲間が集まってきます。

竹細工教室で知り合い、竹鉄砲や竹で作る飛行機などのおもちゃが得意な、

平松良信さん(70歳)。木工で飾り棚やおもちゃなどを作る黒木伸夫さん(58歳)。

小・中学校の同級生の大石健太郎さん(67歳)。

元同僚で40年来の友人、吉田三男さん(67歳)らがレギュラーメンバーです。

それぞれ自身が楽しみながら、子供たちに体験の指導をしています。

敏幸さんは、竹笛などの竹細工の指導と展示している農具や民具の説明が中心です。
 

 
以前から敏幸さんは畑を耕す農夫などの農村風景を竹細工で作っていました。

「のだけ村には、いろんな作品を作る方が集まるので、
皆で協力して一畳位の大きさに昔の農村風景を表現したい」

完成が楽しみですね。

場所はどこ?体験料金は?

体験メニュー
竃炊き:3,000円(5名まで)6人目より1人300円追加
※要予約:食材は持ち込みでお願いします。
竹細工:300円~
木工細工:500円~
ペーパークイリング:(子ども向け)500円~
(大人向け)1,500円
樹脂粘土:600円~
※その他、バーベキュー、そうめん流し等は電話にてご確認下さい。
住所:長崎県大村市東野岳町1774
電話:0957-55-1219
定休日:不定休(盆休み/8月11日~16日)
営業時間:午前10時~午後5時(6~8月は午後6時まで)

 

「古民家風体験工房・のだけ村」の体験は竹細工や木工細工、

そして囲炉裏や釜戸を使った料理を作る体験などが出来るそうです。

今の時期はバーべキューや流しそうめんも出来るみたいなので

お子さんから大人まで楽しめますね。

料金はその都度みたいでお問合せして下さいね。

スポンサーリンク

雑貨専門店Le genet.(ル・ジュネ)


のだけ村に隣接するハンドメイド雑貨専門店Le genet.(ル・ジュネ)は、

県内のハンドメイド作家約30名の作品のほか、ハイセンスな雑貨や洋服などを販売するお店。
(2015年4月オープン)

予約制で、10名以上の作家さんによるパワーストーンアクセサリーやパステルアートなどの

1DAYレッスン・ワークショップを体験することができます~♪

 
古民家風体験工房のだけ村

子供たちも独立し、現在は愛猫「にゃん(雌)」と暮らす敏幸さんの日常と、

体験工房に集まる仲間たちとの交流の様子が紹介されます。

竹細工や昔ながらの農家暮らしを体験できる「古民家風体験工房・のだけ村」

懐かしい農家の暮らし・・・忘れかけたふる里の香りが懐かしい!ですねぇ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。