里のカフェはなの魅力は体が喜ぶ安心な新鮮食材【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

<

div class=”nextweek-date”>

 

【人生の楽園】 9月16日(土)午後6時~6時30分

栃木・鹿沼市~ 幸せのブルーベリー農園 ~

自然豊かで7割が森林で覆われている栃木県鹿沼市この街に移住し、

ブルーベリーを栽培しながら週末にカフェを営む吉田光春さん(64歳)と

妻の信子さん(59歳)が主人公です。

 

スポンサーリンク

吉田光春さんプロフィール

宮城県仙台市出身の光春さんは、東京の自動車部品を扱う会社に勤め、27歳の時、
神奈川県出身の信子さんと結婚され、2人の女の子が生まれます。

 

吉田さん夫妻にに転機が訪れたのは50代半ばだそうです。

 

光春さんの勤め先が開いた人生設計のセミナーに参加し、定年後の暮らしを真剣に
考え始められたようです。

 

その時に思い出したのが、30代にやっていた家庭菜園での野菜作りの楽しさでした。

 

そこで「定年退職後は農業をしよう」と2人で決め、栃木県の農業大学校に通い
農業を基礎から学びました。

 

そして鹿沼市内に菜園付き分譲地を見つけ購入し・・・

 

2013年4月、光春さんの定年退職を待って鹿沼市に移り住まれました。

ブルーベリーの栽培

 

移住後は自宅菜園の他に、近所の農家から畑を借りてブルーベリーや野菜の栽培を本格的に
始められました。

 

吉田さんご夫婦の1日は早朝5時、ブルーベリーの収穫から始まります。

 

手摘みでおよそ2時間、8キロ程収穫されるそうです。

 

更に収穫したブルーベリーの選果をする作業場が必要になり、畑の横に建つ
飲食店だった空き店舗を借りることに・・・

 

収穫を終え、お2人が向かうのは「里のカフェ はな」です。

 

週末はカフェ営業ですが平日は摘んだブルーベリーの選果場になります。

 

大きくてふっくらした実は生食用に、小ぶりな実は加工用と分けています。

 

こうして時間をかけて1粒1粒選んだブルーベリーを使い、料理を提供していらっしゃいます。

<

div class=”nextweek-date”>

信子さん長年の夢のカフェオープン

 

 

学校給食の仕事をしていた信子さんの長年の夢が、カフェを開くことでした。

 

ブルーベリーの選果場として借りた店舗で、光春さんが・・・

 

「ここでカフェをしてみたら」と提案されたのをキッカケに、2014年7月、
金、土、日曜の週3日間営業する「里のカフェ はな」をオープンし、
自家製ブルーベリーと野菜を使ったランチやスイーツを提供していらっしゃいます。

 

基本情報

住所:  鹿沼市野尻214-3
駐車場: 10台
営業時間:通常 10:00~15:00(LO 15:00)
定休日: 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日
※事前予約にて営業有り
席数:24席

 

 

心とカラダ思いのお料理でお客様を笑顔に~~♪

 

ブルーベリー農園直営の「里のカフェはな」は家族に食べさせたいと思える安心・
安全な新鮮食材を使い、丹精込めたお料理を提供して、心もカラダも元気になる、
心地よいお店作りをしていらっしゃるようです。

 

農薬や化学肥料を使わずに直営農園で育てたブルーベリーや野菜、地元の名産品などを
使った「パスタセット」や「もっちりクレープ」等のスイーツ、
「手作りブルーベリージュース」など・・・

 

また、アフタヌーンティー等のご予約も承っていらっしゃいます。

 

定年退職後に東京から移住し農業とカフェを始めた吉田さんご夫婦の暮らしぶり。

 

そして、お2人を温かく迎え入れ支えてくれる地域の皆さんとカフェに集うお客様との
交流の様子が紹介されます。

 

SNSでもご購読できます。