ケイケイファーム岡山吉備は50代でぶどう農園【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【人生の楽園】9月30日(土)午後6時~6時30分

岡山・吉備中央町~ 50代で始めたぶどう栽培 ~

早期退職後、東京から移住して、ぶどう農家になった

岸本圭司さん(58歳)と妻・邦子さん(55歳)が主人公です。

 

 

スポンサーリンク

岸本圭司さんプロフィール

元々岡山市出身の圭司さんは、関西地方で不動産業に就職し34歳の時に邦子さんと結婚!

 

その後転職し、東京へ転勤されます。

 

仕事に追われる忙しい日々を過ごす中、老後は自然に囲まれた環境でのんびりと
暮らしたいという気持ちが芽生え、元々田舎で生まれ育った邦子さんも賛成し、
移住を真剣に考えるようになられたようです。

 

そんな中、何気ない気持ちで参加した就農フェアで、吉備中央町のぶどう作りに出会い、

 

栽培方法が確立し、研修制度や支援体制も整っており、担当者の「50歳からでも始められる」と
いう言葉に背中を押される形で早期退職し、ぶどう農家になることを決意され、
2009年11月、夫婦で吉備中央町に移住されます。

 

栽培を始めて農業の楽しみややりがいを見出しながら、田舎暮らしの醍醐味と充実感を
実感していらっしゃるようです。

 

平成22年4月から行政が主催する新規就農実務研修でブドウ栽培について2年間学び、
研修終了後は借地で栽培をしながら自分の園地の整備を進められ、ようやく自分の
園地のみで栽培したブドウを収穫されるまでに・・・

 

ケイケイファームとは?

 

ケイケイファームは岡山県の吉備中央町で「ピオーネ」をはじめ、さまざまなブドウを生産
・販売を行っている農家です。

 

去年10月、ぶどう農家「ケイケイファーム」として独り立ちを果たされました。

 

就農6年目を迎える今年、「ニューピオーネ」を中心に全10品種を約40a、
吉備中央町特産のブルーベリーや小松菜などの野菜を約15aで栽培に挑戦されています。

 

50歳から初めての農業で、農地の確保から栽培技術まで様々な経験を経て、JAへ大半を
出荷する一方で、東京や関西などの知人からの販売要請にも応えていらっしゃいます。

飼い猫が店長?

そこには初代店長のミーちゃん、二代目店長のももちゃん(=‘x‘=)

 

飼い猫を店長としてイラストをあしらった専用の贈答箱を作りPRにも努め、
品質の良さが口コミで広がり顧客やリピーターも年々増え、「栽培の様子を見学したい」と
東京からほ場見学に来る人もいるほど定評があるそうです。

 

商品管理部長、係長のワンちゃんがイノシシ、たぬき、サルからぶどう農園を守ってくれるようです。

たくさんの品種のぶどうが!

基本を忠実に守りながら栽培することで、これからもお客さまに喜んでもらえるブドウをつくりたい!

 

ピオーネ、ぶどうの種類

 

今では岸本さん夫婦の畑でたくさんの品種のぶどうが育ち、その味を気に入り毎年注文して
くださるお客様もでき、収穫時期になると・・・

 

近所の小学校や地域の集会にもぶどうを届けるようになり、ご夫婦のぶどうは、
たくさんの人々に愛されていらっしゃるようです。

 

都会でのサラリーマン生活を経て、ゼロからぶどう栽培を始めた圭司さんと
邦子さんの日常が紹介されます。

SNSでもご購読できます。