里暮らし川南町ではヤギと戯れ昔の暮らしが体験できる【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【人生の楽園】10月14日(土)午後6時~6時30分

宮崎・川南町~ 昔の暮らしを楽しむ体験宿 ~

開拓の地として知られ、農業が盛んな宮崎県川南町が舞台です。

自宅を利用して農家民泊「里ぐらし」を始めた米山知子さん(65歳)と

夫の敏夫さん(68歳)が主人公です。

スポンサーリンク

 

米山知子さんプロフィール

 開拓の地として知られる宮崎・川南町が故郷の知子さんは、

両親も戦後にこの地に入植し、クワ1本で荒れ地を切り拓いた開拓移民だそうです。

知子さんは5人姉妹の末っ子として、大切に育てられ、保健師として社会に出ると、

職場で出会った敏夫さんと結婚し、3人の子供が生まれました。

敏夫さんの転勤のため、日本各地で暮らし、知子さんの実家の両親が亡くなると、

「親が切り拓いた農地をそのままにはしておけない。実家へ戻ろう。」と

敏夫さんも賛同してくれ、知子さんは敏夫さんを残し、川南町へUターンされました。

 

川南町で自給自足の暮らし

 

2009年には、定年退職を迎えた敏夫さんも合流し、川南町であらゆる野菜を育て、

ニワトリやヤギを飼い、何でも手作りして自給自足の暮らしを続けてこられました。

周辺もどんどん高齢化が進み、何か自分たちに出来ることはないかと・・・・

知子さんは、「農家民泊をしたい」と敏夫さんに切り出します。

自分たちがしてきた暮らしを体験してもらい、この地域を知ってほしい!

さらに・・・移住したいと思う人が1人でも現れたら・・・

そんな思いで、2015年に農家民泊「里ぐらし」をオープンされました。

農家民泊「里ぐらし」とは?

スポンサーリンク

米は自家製のコシヒカリで精米仕立てのご飯は香りも豊かで食も進むとか・・

自家菜園では年間30~40種類の野菜を栽培され、収穫できる野菜も季節によって様々で、

季節の旬の味をいただけるそうです、

さらには・・・敷地内の放牧されているジャージー牛の濃厚な牛乳まで・・

卵は平飼いの鶏から生まれる新鮮卵だそうで・・・

なんとも、それだけで贅沢感満載です~~♪

川南町里暮らし

里暮らしを体験できる

「里ぐらし」に、宿泊のお客さんは、落花生の収穫や栗ひろいなど、

様々な農作業体験を楽しめるようです。

ヤギや犬、ニワトリなど、動物とのふれあいもできるとかで、家族連れで訪れる方も

農家民泊ならではの交流でにぎやかに夜はふけていくようです。

川南町里暮らし

ギャラリー&カフェ 杜のこやぎ


米山さんご夫婦が自宅の敷地内で始めたギャラリーカフェ。

地区の若手アーティスト、児玉さんご夫婦の素敵な作品を眺めながら、

くつろぐことが出来ます

農家民泊 里ぐらし

住所:宮崎県児湯郡川南町大字川南25572-2
(地区名:湯迫)
電話・FAX:0983-27-4601
携帯:080-6453-3122

里暮らしメニューアクセス詳細案内

親から受け継いだ土地を利用して、地域を元気にしたいと楽しみながら取り組む

米山さんご夫婦のとっても魅力的な暮らしぶりをご紹介されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。