美のり窯は手作り手書きの陶芸体験と海の幸の民泊は【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【人生の楽園】11月25日(土)午後6時~6時30分

長崎・波佐見町~ 海の幸と陶芸楽しむ宿 ~

“焼き物の町”長崎県波佐見町で、陶芸体験ができる民泊を始めた松﨑康則さん(66歳)と

久美さん(65歳)が主人公です。

 

スポンサーリンク

松﨑康則さんプロフィール

康則さんは波佐見町の出身です。

この町では、主要産業である焼き物作りに、分業で多くの人が関わっていて、

松﨑家も原料となる土を仕入れ、機械と型で器の形成をする仕事をされていました。

康則さんは高校卒業後、長崎市の造船所に就職しますが、久美さんとの結婚を機に帰郷し、

家業を継ぐことになりました。

次第に「せっかく波佐見町にいるなら、自分の器を焼きたい」という思いが芽生えた康則さんは、

久美さんと共に絵付けやろくろを学び、窯を構えて、趣味で焼き物工房を始められます。

夫婦の名前から一文字ずつ取り「美のり窯」と名づけられました。

美のり窯
個性的な絵柄の器が評判を呼び、徐々にご夫婦の工房が知られるようになると、

思いがけず民泊の話が舞い込みます。

「波佐見焼の良さを知ってもらう機会になれば」と引き受けることを決め、

2014年に、陶芸体験ができる民泊を始められます。

築100年の古民家の風情

美のり窯
築100年の古民家と樹齢150年のヤマモモの木がタイムスリップしたかのような空間を創り出します。

天気のいい日は庭の木陰でティータイム、波佐見でも珍しいほどのこの上ない静けさ・・・

忙しく働く現代人の心安らぐ自然の織り成す空間があります。

山のふもとに位置するので、夏は窓を開ければ自然の涼しい風が心地よく・・・

運がよければ野生動物のテンが現れることもあるそうです。

手作り・手書きの陶芸作家

美のり窯
話しだせば時間を忘れさせてくれる松崎さんご夫婦は、

普段は「手作り・手書き」にこだわった陶芸作家です。

陶芸体験(絵付け、ロクロ)もできるようで・・・・

器に興味のある方には嬉しい体験ができますね。

野菜の豊富な家庭料理も魅力

民泊「美のり窯」で焼き物と共にもうひとつ人気なのが、長崎の新鮮な海の幸を使った食事!

釣りが大好きな康則さんが自ら船に乗り、この日は旬を迎えた鯛を狙います。

 

「お客さんに新鮮な海の幸を食べてもらいたい!」と、康則さんは朝から漁港に出かけます。

やってきた大村湾でこの時期旬なのが鯛。この日は釣り仲間の中村さんと、

たくさんの鯛を釣り上げ、豪快な生き造りにお客様も大喜びです。

ご夫婦の作った器で新鮮な海の幸を楽しめる夕食は、

「美のり窯」での欠かせない時間です。

 

康則さんロクロと絵付けの体験をしている間に・・・

料理上手な久美さんの裏の畑で採れた野菜をふんだんに使った、

あたたかみのある家庭料理も民泊「美のり窯」の人気のようです。

住所: 長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷696
電話: 0956-85-3818
定休日:休館日 不定休
料金: 一泊二食5、650円(税込)夕食なし4、520円(税込)
施設設備:和1室  洋1室  4名様まで宿泊可  Wi-Fi完備
駐車場:  あり 敷地内5台
小児の宿泊費は無料(夕食は1人当たり500円)
小学生以上は大人と同額

予約:キャンセルの場合はお電話にてご連絡お願いいたします
(お問合せメールアドレス matsuzaki696@yahoo.co.jp)

※宿へ直接ご予約をお願いします。

他にご不明な点等があれば波佐見町観光協会(0956-85-2290)へお問合せください。

ご予約は二日前までにお願いします。

スポンサーリンク

アメニティ類(洗面用具、パジャマ等)はご自身でご準備ください。

食品の持ち込み可
アルコール類ご希望があればご用意いたします。
酒(720ml)一本1500円
焼酎(720ml)一本1500円
ビール(大)一本500円
食物アレルギー等は予約時に宿へお伝えください。

“焼き物の町”で「自分たちの器を作りたい」と一念発起され、

さらに民泊を始めたことで、焼き物と故郷への愛着を強くしたご夫婦の、

充実した第二の人生が紹介されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。