古民家カフェ 甘欧(アモー)探していたのはこんな暮らし【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人生の楽園

【人生の楽園】12月9日(土)午後6時~6時30分

宮城・登米市~ 囲炉裏あったか古民家カフェ ~は、里山に建つ、

築110年を超える「古民家カフェ 甘欧(アモー)」は、マリーアントワネットが

あこがれたアモー(農村)で、季節にあわせた昔のくらしでおいしさや温かさ、

楽しさをあらためて実感しながら暮らす伊藤秀作さん(51歳)と

妻の由紀恵さん(48歳)が紹介されます。

 

スポンサーリンク

伊藤秀作さんプロフィール

仙台出身で小学校で教員をしていた秀作さんの趣味が「キャンプ」。

火をおこし、食材を調達し調理、テントで一夜を明かす・・・

そんな自然の中での遊びが大好きでした。

由紀恵さんや二人の娘も影響を受け、自然とアウトドア派に!

そのうち・・・

「自然豊かな田舎で暮らしたい」と考え始めた秀作さんは、古民家を中心に物件を探し始め、

そして4年前、登米市で見つけたのが、長く空き家だった今の家でした。

購入したご夫婦は石巻市の自宅から通ってリフォームを続け、週末だけの田舎暮らしを

楽しんでいらっしゃいました。

ニワトリやあひるが闊歩する?

古民家カフェ 甘欧(アモー)

ニワトリやアヒルが闊歩する庭を通り、中に入れば昔懐かしい囲炉裏の部屋が・・・

自宅は現在進行形でリフォーム中だそうで・・・

日々ゆっくりペースで土壁を塗ったり、土間を作ったり、

ご夫婦の目標は「昔ながらの生活様式に戻す」ことだそうです。

そんなご夫婦の暮らしは、自給自足、畑を耕し大豆や麦、野菜を作り、

ヤギから乳を搾り、鶏の卵を取り、何でも自分たちで手作りして暮らしていらっしゃいます。

 

なんとも・・・のどかな田園風景ですねぇ~~

一方、昔からお菓子作りが得意だった由紀恵さんの趣味が「アフタヌーン・ティー」。

英国式の茶会を、友人を自宅に招いては楽しんでいらっしゃいました。

ところが秀作さんが「仕事を辞めて完全移住したい」と・・・・

由紀恵さんはいずれカフェをすることを条件に移住を承諾。

2014年の夏、夫婦で登米市に完全移住を果たされました。

囲炉裏でアフタヌーン・ティー専門のカフェ

古民家カフェ アーモ

その後、囲炉裏の間が完成、由紀恵さんの夢だったアフタヌーン・ティー専門の

カフェをオープンされました。

なんと・・・

炭火で温まりながら、朱塗りのお膳を前に食事を楽しんでいらっしゃいます。

並ぶのは紅茶とケーキ、スコーンにサンドイッチ!!

食事はすべて由紀恵さんの手作り、しかも食材はご夫婦が自給自足の暮らしで

生産するものが主体だそうです。

そんな夫婦が家庭の調理や暖房に使う燃料は、すべて「薪」。

秀作さんの長年のアウトドア経験から、ひと昔前に戻ったような

生活スタイルが落ち着くそうです

スポンサーリンク

私たちはアーミッシュのようなくらしをしています。
マリーアントワネットがあこがれたアモー(農村)にいます。
季節にあわせた昔のくらしでおいしさや温かさ、楽しさを
あらためて実感できます。
薪や炭でできること、近くのもので楽しめることを、
便利な生活をしている方々にご提案していきます

古民家カフェ甘欧(アモー)アクセス情報

 

古民家カフェ アモー

そして週末になれば、厨房で由紀恵さんが次々とスイーツやスコーンなどを作り、

古民家中に甘い香りが漂います。

ヤギと散歩、ピザつくり、竹パンつくり、きな粉菓子つくり、

秘密基地つくり、土壁ぬり、炭焼き、流しそうめん、焼きいも

住所:  登米市東和町錦織字入沢97
電話番号 :0220-44-4274
営業時間 :10:00~18:00
定休日 : 月曜日・火曜日・水曜日・木曜日・金曜日
駐車場: あり
予算: (昼) ¥2,000~¥2,999
その他: 雨でもOK ベビーカーOK レストラン・売店あり

古民家カフェ甘欧(アモー)ホームページ

秀作さんもワイシャツに着替え、ホール担当に早変わり!

古民家を中心に自給自足&アフタヌーン・ティー専門のカフェを楽しんでいらしゃる

伊藤さんご夫婦のユニークな暮らしがご紹介されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。