蔵カフェ 菜々築120年の歴史と能登のうまいもんメニュー【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人生の楽園

 

【人生の楽園】3月10日(土)午後6時~6時30分

石川県穴水町~ 能登のまいもんカフェ ~「蔵 カフェ 菜々(さいな)」

築120年の実家の蔵を移築してカフェを始めた森山美奈子さん(57歳)と

夫の照応さん(59歳)が主人公です。

 

スポンサーリンク

森山美奈子さんプロフィール

穴水町で生まれ育った美奈子さんは、20歳から町役場に勤め、
21歳の時に同じ穴水町出身の照応さんと結婚されました。

 

3人の子供にも恵まれ、お二人は家に人を招くのが大好きでした。

 

美奈子さんはいつか、友達や趣味の仲間たちが集えるカフェを作る夢を抱くように・・・

 

そんな、美奈子さんの夢が実現し・・・

 

穴水町のあすなろ広場のすぐ横に、2017年1月「蔵カフェ 菜々」をオープンされました。

 

美奈子さんがカフェを始めるきっかけとなったのは、7年前に能登地方を襲った
大雪だそうです。

 

実家の横にあった蔵が傾き、修復を考えた時、その蔵とカフェの夢が結びつき、
早期退職を決めた美奈子さん。

 

照応さんも、カフェの開業をサポートしながら、以前からやりたかった
農業への夢を実現させようと退職を決意されます。

 

そして二人は、古民家再生の助成金と、これまでの蓄えを使い、蔵を解体し、
海沿いの空き地に移築され、「蔵カフェ 菜々(さいな)」をオープンされました。

 

外見はどっしりですが、中は明るくスッキリとした雰囲気で、家庭的で居心地もよく
歴史を感じながらいただく日替わりメニューは人気のようです。

 

蔵カフェ 菜々メニュー・料金

 

 

営業時間: 11:00~21:00
ランチタイム: 11:00~14:00
カフェタイム: 14:00~18:00
ディナータイム:17:00~21:00

場所: 石川県鳳珠郡穴水町川島ツ126 番地
定休日: 月曜日(サロンの開校なども結構されているようです)

蔵カフェ 菜々フェイスブック
カフェのメインは日替わりランチプレート!

 

なるべく地元の物を使いたいという美奈子さんのこだわりで、
美奈子さんが港の友達から分けてもらった地元の魚や、
照応さんがハウスで育てている野菜が食材となるようです。

 

●ランチタイム

ランチプレートセット(ソフトドリンク・ケーキ付) ¥1,000

●カフェタイム

日替わり2種盛ケーキセット(ソフトドリンク付き)¥600

●ディナータイム(予約は1日前までに)

・菜々お任せディナーセット(梅) ¥3,000
・菜々お任せディナーセット(竹) ¥4,000
・菜々お任せディナーセット(松) ¥5,000

 

まとめ

人と接することが大好きな美奈子さん、本格的に農業をスタートさせた照応さん。

 

お店では、長女の舞さんが接客など美奈子さんのサポートをしていらっしゃいます。

 

さらに夜の営業では、照応さんや次男の悠哉さんもお店を手伝い、
家族みんなで美奈子さんの夢を支え、

 

地域の人々との温かさも伝わる癒しの空間ですねぇ~~♪

 

早期退職後、歴史ある蔵でカフェを始めた美奈子さんと照応さん。

 

それぞれ夢を追いかけるご夫婦と、地域の人々の温かい繋がりが紹介されます。

SNSでもご購読できます。