志田フラワー園シバザクラ絨毯は家族の愛の絆【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【人生の楽園】5月12日(土)午後6時~6時30分

佐賀・嬉野市~ 笑顔咲く 夫婦のフラワー園 ~

嬉野茶や温泉などで知られる、佐賀県嬉野市が舞台です。

新緑が美しい山間の土地に、一面ピンクや白、紫など色鮮やかに・・

まるで絨毯のように染まった絨毯のようなシバザクラの一角があります。

スポンサーリンク

川原安幸さんプロフィール

川原安幸さん(72歳)と妻の絹代さん(70歳)ご夫婦が、コツコツと荒れた山を整備して
花を植え、3年前から「志田フラワー園」と名付けて、一般に開放しています。

 

地元出身で、農業のかたわら大工の修業もした安幸さんは、
23歳で絹代さんと結婚し、4人の娘も生まれました。

 

賑やかで楽しい家族生活でしたが娘たちも独立した15年前、
突然、絹代さんが脳梗塞で倒れ、生死をさまよい、意識は戻ったものの、
全ての記憶を喪失されます。

 

その後、リハビリと家族の献身的なサポートで、絹代さんは奇跡的に記憶が戻りました。

 
そして、絹代さんは、昏睡状態の時に見た夢を話し始めました。
 

「あたり一面お花畑で、こがん奇麗か場所は見たことが無い。あまりに奇麗かけん、
カメラば撮りに戻ったと!」

その後は絹代さんが「とにかく花を見たい」と言うので、
安幸さんが各地の花の名所へ連れて回られました。

 

志田フラワー園一般公開を開始

2012年、先祖から継いだ山に生い茂る竹やぶを見ていた安幸さんは
「ここに花を植えよう」と思いつき、絹代さんも賛成し、夫婦で整地を開始されます。

 

シバザクラを始め、桜やツツジなど様々な花を植えました。

 

シバザクラは株分けして年々増やし、安幸さんはベンチや東屋も作りました。

2016年春「ようやく人に見せられる、見てもらいたい」と「志田フラワー園」の
一般公開を始められました。

 

訪れる人々に喜んでもらうこと、お客さんとの交流が夫婦の何よりの生きがいと
なっていらっしゃるようです。

スポンサーリンク

 

困難を乗り越え、多くの人を楽しませる花園を作りあげた、川原さんご夫婦。
園内に咲き誇るシバザクラの背丈は10~20cmと低く、花の直径はわずか2cmほど!

 

それが芝のように地面に広がり、花の絨毯のような景観を作り出しています。

 

ここまで咲かせるには、沢山の苦労がありました。

 

茎の長さを揃えることで咲いた時にデコボコが出来ず、奇麗な絨毯状になるそうです。

 

元気に育った部分からシバザクラの小さな株を取り、鉢に植え替え、根が付いたら空いた場所に
植え込み、増やしていくそうです。

 

これまで地道な作業を繰り返し、今のような見事な花畑が出来ました。

お袋の味は世界一の味

庭で収穫したニラやノビルを使って、沢山の料理を作り始めた絹代さん。

 

料理上手で、その腕前を安幸さんは「世界一の味」と言います

 

一緒に台所に立ち、お袋の味を学んでいるのは次女の美紀さん。
煮物や白和えなど、素朴な田舎料理を沢山作ってフラワー園に運んだお二人
この日は仲間を集めてお花見会です。
「こんな素晴らしかシバザクラが見られる所はない」と・・・

 

安幸さんと絹代さんは、本当にみんなに愛され、
「志田フラワー園」を始めたことによって、新しい出会いも増えています。
コツコツと頑張ってきたご夫婦を支えてきたのが家族です。

愉快な家族や仲間に囲まれ、とっても楽しそう!

シバザクラ絨毯は本当に圧巻の美しさです~~\(^^@)/

シバザクラの見頃は毎年4月頃なので年のシバザクラは終了しました。

これからの季節は、アヤメやアジサイが見頃をむかえるそうです。

話番号:090-2501-0566
問い合わせ時間:午前8時~午後4時

毎日は笑顔にあふれている仲良し家族が紹介されます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。