「カフェ&うつわごとごと」趣味を実現した週末カフェ【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ごとごと

【人生の楽園】7月7日(土)午後6時~6時30分

高知・香南市~ 自然満喫 お母さんの単身移住 ~

田舎暮らしに憧れ、2011年に移住し、翌年には週2日だけ営業するカフェを

オープンした五十嵐三知子さん(62歳)が主人公です。

 

スポンサーリンク

五十嵐三知子さんプロフィール

熊本県で生まれ、中学2年生の時に家族で高知県香美市に移り住んだ三知子さん。

 

高校を卒業後、上京して通信会社に就職。職場の先輩だった正明さんと、
22歳の時に結婚、2人の子供が生まれました。
仕事と子育て中心の生活だった三知子さんでしたが、50代になって人生を振り返り、
これまでとは全く違う、田舎での暮らしを考えるようになり・・・・

 

インターネットなどで移住先を探し、1人高知県に残っていた妹の順子さんと
一緒に暮そうと、高知県香南市の山間に土地を購入されます。

ごとごと

55歳で退職し、自宅兼店舗が完成すると、2011年3月、高知県香南市に単身移住。
そして翌年、もう1つの夢であった『カフェ&うつわ ごとごと』をオープンされました。

 

「カフェ&うつわ ごとご」とってどんな店?

スポンサーリンク

三知子さんが目指したのは“好きな物”に囲まれた生活♪ヽ(*´∀`)ノ

 

自宅裏で育てている10種類近くの野菜も、カフェのメニューも、
店に並ぶ焼き物も全て“好きな物”です。

ごとごと

 

カフェは、金曜と土曜の週2日の営業!

 

三知子さんが自分で仕入れた焼き物も販売しています。

ごとごと

 

お店の自慢は、手作りのシナモンロール。

地域の皆さんから頂いた食材を使った手作りのケーキや豚まんも好評です。

 

夫、正明さんも休みをとっては東京から会いに来て、家具の修繕などを手伝ってくれています。
スポンサーリンク

まとめ

 

都会を離れ、単身移住した三知子さんの充実した田舎暮らし。

 

そして念願の「カフェ&うつわ ごとごと」をオープンすることができました。

 

場所:高知県香南市夜須町夜須川 2323-4 
営業日:金曜日・土曜日
営業時間:10:00 ~ 17:00
お問い合せ:電話:0887-50-1203

「ごとごと」とは高知の方言で、慌てずゆっくりと言う意味で、
名前の通り週末の金・土だけのんびりと営業していらっしゃいます。

 

週末以外は農家さんのお手伝いをしたり、カフェでも販売している趣味のうつわを
見に行ったりと充実した日々を送っていらっしゃいます。

 
そして・・・

「退職するまで仕事に子育て、と忙しい思いをさせてきました。
育児休職も取らずに若い時から頑張ってきたので、仕事を辞めた後は好きなようにさせてやりたい!
離れ離れの生活で、家事で大変になりましたが、暫くは自由にさせてやりたいと思っています」と・・・

理解と優しさに溢れた言葉ですね。

それを支える夫の正明さんとの絆、地域の方々との交流が紹介されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。