Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブルーパブ青空エール宮崎産食材の手作りビールが美味い!【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人生の楽園

【人生の楽】7月14日(土)午後6時~6時30分 園宮崎・宮崎市~ 手づくりビールで乾杯 ~

宮崎市でビールの醸造所を併設するブルーパブ「青空エール」を始めた

前田康生さん(63歳)と由美子さん(60歳)が主人公です。

 

スポンサーリンク

前田康生さんプロフィール

宮崎県出身の康生さんは大学卒業後、県庁に就職し、観光などを担当されました。

30歳の時に県の物産館で働いていた由美子さんと結婚、長女彩帆さんが生まれました。

康生さんは、かねてからビールが大好きでした。

ビールを手造りして販売できることを知り、オリジナルのビールを提供する店をやりたいと・・・

 

由美子さんにはそのことを伝えられないまま、現在の店となる物件を見つけた康生さんは、
初めてブルーパブをやりたいと由美子さんに伝え、由美子さんの理解を得られた康生さんは、

 

60歳で定年退職し開店準備を進め、2017年1月に「青空エール」をオープンされました。

 

看板のペールエールとは?

康生さんのビールは、副原料に宮崎産の食材を使うことで特徴を出しています。

 

看板メニューの「ペールエール」には、日向夏の皮を使用。

由美子さんも皮むきをしてビール造りを手伝います。

 

店内は康生さんのオリジナルビールを楽しむお客さんで大賑わいです。

 

 

ビールを造る際に出る“麦芽かす”は、市内にある「うちうみハーブ園」に渡しています。

ハーブの肥料にとても良いのだそうです。こちらのハーブ園で育てられている

「ホーリーバジル(トゥルシー)」を、康生さんは「ブラウンエール」の香り付けに使っています。

 

地元の仲間との交流が新しい味を生んでいるようです。

スポンサーリンク

宮崎の名産品と言えばマンゴー!

 

 

宮崎の名産品と言えば、マンゴー。

 

康生さんは宮崎ブランドのマンゴー「太陽のタマゴ」を作っている農家の方を訪ねました。

「太陽のタマゴ」からはじかれたB級品を「マンゴーエール」に使えないかと考えて、

早速、近所で買ったマンゴーで「マンゴーエール」の試作をしてみると・・・

マンゴーの香りと甘みがビールの苦味とうまく混ざり合い、宮崎らしい味のお酒が出来ました。

 

ブルーパブ 青空エール

 

看板メニューの「ペールエール」を始め、康生さんが手造りしたビールや発泡酒、8種類飲むことが出来ます。

初めての方は、好きな3種類を選べるテイスティングセットがオススメです。

宮崎の名産品、マンゴーを使った「マンゴーエール」は7月~9月の夏限定です。

電話番号:0985-86-9252
営業時間:火曜~金曜 午後3時~午後11時
土曜 午後1時~午後11時
日曜 午後1時~午後8時
定休日:月曜

 

宮崎市でビールの醸造所を併設するブルーパブ「青空エール」を始めた

前田康生さん(63歳)と由美子さん(60歳)が紹介されます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。