Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

谷山育趣味を楽しむ二地域居住の山里暮らし【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【人生の楽園】2019年1月19日(土)午後6時~6時30分

和歌山・橋本市~ 趣味を楽しむ田舎暮らし ~

大阪との県境に位置する和歌山県橋本市で自然豊かな山間で、地域の方々と密に交流し

田舎暮らしを楽しむ主人公の谷山育さん(69歳)と妻の悦子さん(69歳)さんが紹介されます。

 

スポンサーリンク

谷山育さんプロフィール

大阪府堺市出身の育さん、大学卒業後は中学校の美術教師の道へと進まれ、
26歳で悦子さんと結婚し、2人の男の子が生まれました。

 

悦子さんは小学校教師、夫婦共働きで支え合ってこられました。

 

やがて育さんは教壇に立つ傍ら、夢だった画家としての活動もスタートされ、
50歳を過ぎた頃には、美術活動に集中したいと大阪府河内長野市に自宅兼アトリエを
構えられ、その後、作家としての活動に没頭するため早期退職、個展などを開くように
なられました。

 

谷山育個展

和歌山の山里で築100年超の古民家暮らし

都会で生まれ育った2人にとって、田舎は昔から憧れの存在でした。

 

夫婦共に「田舎で土や自然に触れながら暮らしてみたい」という思いが強く、
大阪での暮らしも続けながら夢を叶えたいと、通える距離で田舎の土地を
探し始められ、出会ったのが和歌山県の山中にある小さな集落でした。

 

高野山を望む和歌山県橋本市高野口町嵯峨谷地区の豊かな自然と地元の方の
温かさに惚れ込み築100年超の古民家を購入されました。

 

谷山育

2014年の春、大阪と和歌山県橋本市を行き来する暮らしが始まりました。

 

橋本市では訪れる度に変化する木々の色や、たわわに実る果実など山里の魅力に
出会うことができる、山の中のわずか10世帯集落で野菜を育て地域の人々と
濃密な交流を楽しんでいらっしゃいます。

 

谷山育

橋本市に通い始めて5年!

 

便利な大阪の住宅街に自宅があり、和歌山の山里の古民家との「二地域居住」を
満喫されています。

 

悦子さんもまた、体操の教室を持つなど地域での交流を楽しむようになりました。

 

その中でも最も感動したのが、いつも声をかけ、夫婦を気遣ってくれる地域の皆さんの温かさ。

 

米や野菜のおすそ分けは日常茶飯事だそうで・・・

 

「この年になってこんな交流が待っていたとは」と地域にどっぷり浸かった
付き合いを楽しんでいらっしゃいます。

 

「通うからこそ、二つの暮らしの新たな良さに気づく」というアクティブな
谷山さんご夫婦の和歌山&大阪「いいとこ取り」の暮らしが紹介されます。

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。