Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

京町Y.Yはみんなの笑顔つなぐ寄り合いカフェ【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【人生の楽園】1月26日午後6時~6時30分 福井市・~ 笑顔つなぐ寄り合い処 ~

福井市の老舗ロープ店に生まれ育った清水康江さん、2018年3月、カフェ「京町Y.Y」を

始められた康江さん(62歳)が主人公です。

 

 

スポンサーリンク

清水康江さんプロフィール

地元の大学を卒業後、大阪の旅行会社の添乗員として勤められますが、わずか2年でUターンされ、
その後、結婚と離婚を経験、ひとり息子とともに実家に戻り、子育てをしながら高校教師として
働かれていました。

 

国語の教員として約30年間勤めた福井市の北陸高を昨年度末で定年を迎え、
非常勤講師として勤務されていました。

 

定年後は親の介護をしようと思っていたのに、4年前に父・敬一郎さん、翌年に母・順子さんが
相次いで亡くなり、非常勤になって時間に余裕ができても心には喪失感。

 

実家のロープ店はやむなく廃業することに。

 

そんなとき、実家周辺に空き家や駐車場が増えていく状況が気になりだし、
ロープ店だった場所を、人が寄り合えるカフェにしたいと、店内を改装され、

2018年3月、「京町Y.Y」をオープンされました。

「京町Y.Y」ってどんな店?

「京町Y.Y」の画像検索結果

1907(明治40)年創業の「清水ロープ店」は、父親の敬一郎さんが他界とともに閉店。

 

そのままになっていた店舗を活用できないかと思い立った康江さんは、空き店舗や
空き家を改修し、新たな価値を生み出す手法「リノベーション」に注目され、
昨年夏に「元ロープ屋らしく、多くの人と人を“結ぶ”カフェを開こう」と決心されました。

 

「京町Y.Y」は、カフェのみならず様々な催しが開かれます。

 

店の奥では『ロープを使った編み物教室』を開いたり、夜になると、
皆で歌えるノリノリのフォークライブが始まったり・・・

 

福井市の歴史を着物姿で練り歩きながら見聞する「歴女の会」というイベントまで、
康江さんは参加されています。

 

お客さんはご近所さんが多く、皆さんここにワイワイと楽しいひとときを求めて
やって来られます。

 

35年間の教師生活で教え子もかなりの数になります。

 

店を始めるとき、高校も退職されましたが、康江さんを慕う教え子や元同僚たちによる
クラシックやジャズのコンサートも開かれます。

 

皆から慕われる康江さんの生活や、周囲の人々との交流をご紹介します

寄り合いカフェY.Y公式ページ

カフェはカウンター9席のみの落ち着いた空間とし、食器棚はロープの商品棚を
再利用されて、壁には商品だった麻縄を塗り込んで、店の歴史が刻み込まれています。

京町Y・Yアクセス

 

住所:福井市順化2-4-10
電話番号:0776-22-1671
営業時間:14:00~20:00
定休日:月曜(祝日の場合翌日休み)
駐車場:なし
席数:9席

おすすめメニュー

 

京町Y.Y

・京町セット/税込500円
・足羽セット/税込600円

 

康江さんは「近くの片町や呉服町、浜町に負けない歴史がある京町がわいわいとにぎやかになり、
5~10年後には多くの若者が挑戦し、生活する場所になってほしい」

 

皆から慕われる康江さんの生活や、周囲の人々との交流が紹介されます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。