Sorry, you have Javascript Disabled! To see this page as it is meant to appear, please enable your Javascript! See instructions here

江戸時代より伝わる伝統的製造方法の手火山式鰹節を若い世代に【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【人生の楽園」2019年9月21日(土)午後6時~6時30分 ~ 香り受け継ぐ かつお節職人 ~

明治の初めから鰹の町として発展してきた漁師町の静岡県御前崎市が舞台です。

そんな漁師町で5年前に両親の後を継ぎ、伝統的な鰹節作りを始めた新米職人、

澤入広美さん(59歳)と妻の登代子さん(59歳)が主人公です。

 

スポンサーリンク

澤入広美さんプロフィール

2人兄弟の次男として生まれた広美さん。幼い頃から釣り好きで、高校卒業後、
調理師の道へ進まれました。

 

ホテルの調理場で働き始めた広美さんは、23歳の時、登代子さんと結婚。

その後、地元の農協に転職し、3人の子供たちを育られます。

 

ところが、54歳の夏に転機が。父の隆司さんが大動脈瘤で入院され、
広美さんは・・・・

「鰹がさばけるのは自分しかいない。日本に数軒しかない手火山(てびやま)式
鰹節を残したい」と思い立ち、両親の後を継ぐことを決意されます。

 

そして2014年、広美さんは農協を早期退職し、鰹節職人として新たな人生を
歩み始められました。

手火山式鰹節とは?

手火山式鰹節

広美さんが受け継いだのは、江戸時代から続く『手火山式』という鰹節づくり。

鰹を燻す火を職人の手で調整する方法で、完成まで6か月間を費やします。

手火山式の鰹節は雑味が少なく、香りが強いのが特徴のようです。

昭和の中ごろまで地元に50軒ほどあった鰹節工場も後継者不足で、
今はわずか数軒しか残っていません。

手火山式とは鰹節を作る時の薫乾方法で、非常に歴史のある鰹節の製造工程になります。

現在では、手火山式で鰹節を製造している会社はほとんどありません。

手火山式は手間暇がかかり、製造にも熟練の技が必要です。

削り節を買う時や、外食する時に「手火山式鰹節使用」と書いてある場合がありますが、
手火山式の鰹節は非常に貴重で、こだわりのある鰹節です。

そんな手火山式の鰹節を若い世代に広めたいと考えた広美さん。
香りを長持ちさせる新しい商品を開発し、地元のお店で販売されています。

御前崎とはどんな町なのでしょう?

 

 

御前崎市の郷土料理は、鰹のたたき、梅干し、玉ねぎ、味噌などを氷水に入れて食べる

「冷やし味噌汁」だとか・・・

混ぜると氷と器がぶつかる音が「ガワガワ」と聞こえることから、

「ガワ」と呼ばれているようです。

平成26年度、市政10周年を記念して御前崎市のマスコットキャラクターが誕生しました。

なみまるとふうちゃんです。

 

御前崎市

遠州七不思議にある波小僧伝説をモチーフに考えられたデザインに、全国から愛称を公募。

「なみまる」は健康御利益、ふうちゃんは恋愛成就のパワーを秘めているといわれているのです。

キャラクター秘話

浜岡砂丘に棲む「なみまる」は、恋人の聖地にも選ばれている潮騒の像付近に棲む
「ふうちゃん」と出会い友達になります。

二人は御前崎市の良さをPRするために日本全国、そして世界を駆け巡るという野望を
持っている、なんともかわゆいキャラクターです。

御前崎市観光スポット
そんな御前崎市で伝統的な鰹節作りを受け継ぎ、日々奮闘する澤入広美さんを
応援する親戚や孫が集まりバーベキューを楽しみました。

 

焼きそばには、師匠である父の隆司さんが削った鰹節を山盛りにのせていただきます。

 

澤入家で100年以上続く鰹節の味はお孫さんにも大人気です。

 

伝統的な鰹節作りを受け継ぎ、日々奮闘する澤入広美さんと、支える妻の登代子さん、
師匠である両親や応援してくれる地元の皆さんとの交流が紹介されます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。