さと玄庵の手打ち二八蕎麦と太巻き祭り寿司の体験料理教室【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

千葉・富里市~ つなぎは思い出 愛情そば ~午後6時~6時30分【人生の楽園】

広大な北総台地の中央に位置する千葉県富里市。

定年退職後、手打ち蕎麦のお店と郷土料理「太巻き祭り寿司」の体験教室を始めた、

村上壽一(としかず)さん(72歳)が主人公です。

 

スポンサーリンク

村上壽一さんプロフィール

千葉市で生まれた壽一さんは20歳の時、地元の建設会社に就職。

 

24歳の時、当時、働いていた建築現場の目の前にあった家の娘さんで、
一つ年上の京子さんと出会い結婚されました。

 

2人の子供を育てながら、忙しくも充実していた日々を過ごしていた壽一さんに、
転機が訪れたのは、管理職となり仕事に余裕が出来始めた56歳の時!!

 

妻の京子さんに誘われ、郷土料理の「太巻き祭り寿司」の体験教室に
参加したことがきっかけで、料理に興味を持ち、蕎麦打ちも習い始め、
妻の京子さんと2人で・・・・

「いつか一緒に小さな飲食店をやりたいね」と・・・

ところが、壽一さんが60歳の時、京子さんが病気で亡くなってしまいます。

 

生きがいを失い妻の好きだったヤマユリの栽培に!

妻に先立たれ、生きがいを失いかけていた壽一さん。

 

(山野草)ヤマユリ

そんな時、知人から畑をやらないかと勧められ、借りた畑で京子さんが
好きだったヤマユリを育てることに・・・

 

すると・・・農作業を通じて、たくさんの仲間ができるようになり、
徐々に元気を取り戻していきました。

 

そして、京子さんとの夢を実現させるため、再び料理教室に通い始めた
壽一さんは、定年退職後の2014年、手打ち蕎麦店と「太巻き祭り寿司」の
体験教室『さと玄庵』をオープンしました。

さと玄庵の手打ち蕎麦は二八蕎麦

 

 

壽一さんの作る手打ち蕎麦は、天日干しで香りの強いモンゴル高原の蕎麦粉と
北海道産の蕎麦粉をブレンドした二八蕎麦。

二八蕎麦って?

二八で十六文の値段説、つなぎ配合率説、どっちが正解?

九九でいえば二八は十六、そばの値段が十六文の頃こういう呼び方をされ、
慶応年間(1865~68)以降そばの値段が二十文を超えてからは、
そば粉八割、小麦粉二割のそばを指したというのが有力な説。

そば粉が八割、つなぎが二割が二八蕎麦と呼ばれているようです。

 

蕎麦は炭水化物食品の中では食物繊維の含有量が多く、GI値も少なく太りにくい食べ物と言えます。

壽一さんが一人で切り盛りしているため、
メニューは手打ち蕎麦のみ1日10食限定です。

 

1日10食限定という、かなりのこだわり感が伝わってきます。

 

営業時間 曜日限定営業(木・土・日・祭日の営業)11時30分~15時
料理価格は、1,800円均一。

村上さんのそば屋「さと玄庵」のさと玄庵のインスタで詳細を確認くださいね。

口コミ一覧

太巻き祭り寿司体験料理教室

 

太巻き寿司|料理教室

蕎麦店が休みの日には、千葉伝統郷土料理研究会のメンバーが集まり
「太巻き祭り寿司」を作ります。

 

こんなお寿司ができるなんて驚きです~~~

 

村上壽一さんの体験料理教室の予約方法電話かメールで予約します。

 

体験料理教室のコース内容についての詳細は体験料理教室コースを御覧ください。

 

まとめ

老後の趣味

 

【人生の楽園】は、人生の終盤に差しかかった方達の、人生ドラマが描かれ、
勇気と、元気と新しい発見への気づきを頂けます。

 

京子さんとの思い出をつなぐお店を始めたことで、新たな生きがいを見つけた
壽一さんと、応援する仲間との心温まる日常が紹介されます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。