Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

鏡開きの意味と由来は?2019はいつ?広島のルールってあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

鏡開き

鏡開きとは、お正月の間飾っておいた鏡餅を下げて、お雑煮やおしるこにして食べる行事です。

最近では本物のお餅で作られた鏡餅が少なくなったので、鏡開きを知らない、しない方も増えて

いるのではないでしょうか?

多くの地域では松の内が7日まで、11日に鏡開きを行います。

 

スポンサーリンク

鏡餅のルール?

鏡餅には年神様の魂が宿っているので、食べてその力を授かり、
1年の無病息災を願います。

 

そんな鏡開きには一つルールがあります。

 

刃物を使って切り分けてはいけいないというルールは、鏡餅には神様の魂が
宿っているので刃物を使うことは縁起が悪いとされているのです。

 

乾燥したお餅は硬くてなかなか大変ですが、手や木槌で開くのが昔から
良いと言われています。

 

鏡餅は開いて食べるからこそ意味があるもののようです。

 

家族みんなで食べて今年1年の無病息災を願ってみてはいかがでしょうか

 

鏡開きが11日なのは何故?

昔は全国的に松の内は15日までで、鏡開きは20日に行われていました。

 

しかし、徳川幕府3代将軍の家光が4月20日に亡くなったことを受け、
月命日である20日は避けるようになりました。

 

代わりに11日に鏡開きを行う日に鏡開きを行うことなり、
それに伴って松の内の期間も今のように7日までに変更になったのです。

 

家光の月命日を避けた結果鏡開きは、全国的に11日に行われるようになりました。

鏡餅の由来

鏡餅は、「神仏に捧げるもの」「神様と人間を繋ぐもの」と言われています。

 

元々は、お餅の形の丸さが昔の鏡に似ているところから「鏡餅」と
名付けられたと考えられています。

 

現在では形状も一般的な丸いお餅を2つ重ねたものが定番ですが・・・

3つ重ねたものや色違いで重ねたもの、砂糖を固めてかたどってあるものなど
地方によって異なります。

 

「鏡」は天皇家が代々受け継ぐ「三種の神器」の1つで、日本人にとっては
宝物の象徴です。

 

鏡には神様が宿るという言い伝えがあるので、鏡餅を飾るのは1年の始めを神様と
共にお祝いするという素敵な行事と言えます。

鏡餅は飾って美味しくいただく!

鏡餅

固くなってひび割れた鏡もちは刃物で切らないで、手で割るように細かくしたら

 

半日位水に浸しておけばやわらくなります。

 

他にもいろいレシピがあるので年神様の宿る鏡餅を無駄にしないで
今年一年の無病息災を祈念しながら美味しく頂いて下さいね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。