木村拓哉&工藤静香の口が災い「日本一敵の多い夫婦」?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

キムタク&工藤静香

やること成すこと全てが逆効果「日本一敵の多い夫婦」とまで言われるキムタクと工藤静香さん。

SMAPの年内解散でヒール役になりつつあるのが“天下のスーパースター”木村拓哉”。

今年1月の分裂騒動では、中居正広さんら独立画策組4人と袂を分かち、ただ1人ジャニーズ残留を宣言。

当初は木村拓哉さんも独立に賛同していたが、妻である工藤静香さんの説得を受け翻意。

結果、独立計画は水の泡となり、中居正広さんら4人と深刻な亀裂を生むこととなった。

工藤静香さんは脇役ではなく、解散騒動の主要キャストと言われているですが・・・・

スポンサーリンク

SMAP解散の影の立役者?

ジャニーズ側はマスコミを使い、中居正広さんや解散を直訴した香取慎吾さんを

戦犯に仕立て上げようとしているが、ネット文化が浸透している昨今では全てが

見透かされる始末だというのです。

反対にジャニーズ帝国になびいた木村拓哉さんが裏切り者扱いされ、

好感度はダダ下がりになってしまった。

同様に目の敵にされているのが、妻の静香さんの発言でファンの怒りを

増幅させていると言うのです。

23日夜、家族とともに羽田空港に降り立った静香さんは裏切り者扱いされる夫について

「皆さんの想像とは違うと思いますが」とコメント。
分裂騒動に関する自身の“暗躍ぶり”には
「私は主人の仕事のことには口を出さないのでわかりません」と否定した。

この言葉にSMAPファンは、激怒し、

『夫の仕事には口を出さない』というコメントは『どの口が言っているんだ!』と

ファンの怒りを増幅させるだけでした」週間記者が明かしています。

「家族の今後を思って夫にジャニーズ残留を勧めたのならまだしも、
メリー喜多川副社長に頼まれ、夫に説得工作を仕掛けたわけですからね。
木村が中居らと行動をともにしていれば、メリー氏は失脚。SMAPの解散もなかった」

工藤静香の内助の功は裏目に出てしまった

工藤静香さんはSMAPが解散したことで、今後はメディア露出を増やそうという

算段のようですが・・・・

「彼女を起用すれば、怒りのSMAPファンからテレビ局や番組スポンサーに

クレームが殺到することは確実」と言われているようなのです。

もはやプロダクションがマスコミを使って情報操作する時代は終わり、

むしろそれをやると、反感を買うことになる。

そこを見誤った2人は“日本一敵の多い夫婦”になってしまったようだとも

言われ内助の功も裏目に出てしまったようです。

さらに・・・9月2日発売の「フライデー」の直撃取材に応じ、

その発言に大きな注目が集まっているようなのです。

スポンサーリンク

「工藤は取材に対し、『どうして私たちが裏切り者呼ばわりされなきゃならないの!』と
世間の風潮に猛反論しました。
これまで様々なメディアでSMAP解散の原因は、木村と工藤にあると報道されていたことで、
積もりに積もったうっぷんが爆発したのでしょう。
彼女は"工藤がSMAPを潰した”という一部報道に関しても『工藤静香とSMAPは何の関係もない』
『潰す意味がない』と完全否定しました」(芸能記者)

そして・・・更に・・・

木村がSMAPが解散や活動休止になろうとも、
25周年コンサートの実現には一生懸命だったと説明。
さらに、独立に関しても「事務所を出たほうが潤うはずです。
独立すればもらっているお給料より収入はよくなる」
「だからお金が目的なら出るべきです。
でも仕事ってそういうものじゃないでしょう?
人と人のつながりで人間は生きている」
「4人の方々がどうお考えなのか。それぞれの価値観の問題」と
感情的に語った。(芸能記者)

木村拓哉&工藤静香

しかし、この発言がSMAPファンから怒りを買っているというのです。

工藤静香さんは『私たちは悪いことなんて何もしていない』

『独立すれば収入は上がるが、大事なのは人の繋がり』と語りました。

これはつまり木村拓哉さん以外の4人が、お金欲しさに独立を企てたと

言っているようなもので、記事を読んだSMAPファンからは、

『4人は決してお金のために独立しようとしたんじゃない』
『これは違うでしょ! 4人を侮辱しないで』
『ファンに対して気遣いがなさすぎる』と
工藤に対する怒りの声が殺到しました」(芸能記者)

また25周年コンサートに関しても、

「ジャニーさんが何と言おうと、首を縦に振らない人だっているわけだから」と、

木村以外の4人への批判を続けた工藤静香さん。

今回、真相はどうあれ、ここまで感情を露わにしたことで、

ファンからの風当たりはさらに強くなってしまったようです。

一個人が正しいと思って言葉を発しても、世間ではなかなかそれも

通用しないのが世の常のようです。

「言わぬが華」の諺にもあるように、自分が正しい道と信じた行動なら、

今を、耐えて己の道を貫く覚悟でガタガタ言わないほうが賢明かも?ね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。