切り絵アートの魅力に心惹かれ作家になった!【人生の楽園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

【人生の楽園】栃木・那須塩原市 2020年9月26日(土) 18時~18時30分

~ 街をほっこり 父さんの切り絵 ~

舞台は栃木県那須塩原市。退職後、趣味が高じて切り絵作家になった

萩田紀之さん(73歳)と文子さん(64歳)が主人公です。

 

スポンサーリンク

萩田紀之さんプロフィール

埼玉県出身で栃木県那須塩原市在住の紀之さんはタイヤメーカーに就職。

 

那須塩原市に転勤し、知り合いの紹介で文子さんと結婚され、2人の子供に
恵まれました。

 

仕事一筋で働き、64歳で退職した紀之さんは、たまたまテレビの
「趣味の工房切り絵」で見た切り絵講座に惹かれ、切り絵の虜に。

 

ナイフなど道具を揃え、腕前は徐々に上達、今では地域の交流施設などに
作品が展示されるまでになりました

 

作品の題材は?

 

紀之さんの切り絵は、風景を写真で撮り、線画に起こし、切り抜いてから
色付けします。

 

色付けのこだわりは、写真のまま再現するのではなく、空の色などを幻想的に、
美しく統一感を出すところだそうです。

 

「ナイフの先端に集中し、思い通りに切れる瞬間がストレス解消になる!」と
紀之さんは語っていらっしゃいます。

 

紀之さんの作品作りに掛かる日数はおよそ1か月。

 

切り絵にしたい写真から残したい線をなぞり、下絵を描きます。

 

そして集中!ナイフの切れ味が悪くなったら即交換。

 

切り抜き終えたら裏側から色紙を貼れば完成です。

 

そんな紀之さんを「干渉しない!邪魔しない!」と笑顔で話すのが、妻の文子さん。

 

現在までに生み出した作品は約150点。

 

新作は、駅前に新しく現れたキッチンカーの風景です。

 

懐かしい温もりを感じられる紀之さんの切り絵は、観る人たちの心を
ほっこりさせてくれると評判です。

 

依頼で「家・店舗・バイク・車・慶事・イベント」の切り絵制作も請け負って
いらっるようで・・・

 

2016年 那須塩原市内のギャラリーで展示会開催。
2019年 旅館かんすい苑覚楽、黒磯駅前交流館ギャラリー開催。
黒磯駅前交流館フードコート「サークル」で常時展示。

 

趣味の切り絵で町を元気にしたいと願う紀之さんと、それを見守りサポートする
文子さん地域の皆さんとの日々の暮らしが紹介されます。

 

 

切り絵とは?

切り絵ターターキット 脳トレ 初心者 大人 工作

切り絵は、日本でも古くからあるアートのひとつであり、舞台でも楽しまれてきた
芸能でもあります。

 

舞台でおこなわれる切り紙は色画用紙などを、ハサミひとつでお客さまの
リクエストなどに合わせてリズミカルに切って、素敵な絵にするもの。

 

下絵もなく、細かい部分もすべてハサミで切るのは、はじめての人が
挑戦するには難しいですね。

 

ハサミひとつで細かい切り絵を作るプロの職人さんの切り絵は、初心者には
難易度が高いですね。

 

原画があり、下絵図案の通りにカッターで切る切り絵なら、コツさえつかめば
はじめての人でもすぐに慣れて、簡単に作ることができるようです。

 

切り絵のキットも販売されているので、はじめての人が挑戦するなら、
この切り絵のやり方がおすすめです。

まとめ

葉っぱ切り絵

 

やろうと思えばすぐはじめられる切り絵は、切り絵の道具や材料は、100均で買えたり、
自分で書いたりできるもの。

 

やろうと思えば、数百円で始められるアート、それが切り絵です。

 

出来た切り絵を貼る台紙も、はじめは高価なものは必要ないでしょう。

 

画用紙で十分台紙の代用は可能です。

 

そんな切り絵の虜になった萩田紀之さんの【人生の楽園】はきっと
私達にも新しい楽園を気づかせていただけるのではないでしょうか?!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。