【訃報】松方弘樹「脳リンパ腫」のため死去されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

松方弘樹

俳優の松方弘樹(まつかた・ひろき、本名目黒浩樹=めぐろ・こうじゅ(74歳))さんが

1月21日、脳リンパ腫のため死去されました。

昨年2月に体調不良を訴えて入院されていました。

東映の時代劇や、やくざ映画を中心に活躍したスター俳優さんでしたが、

豪快なイメージで知られた松方弘樹さんでしたが、

病魔には勝てなかったようです。

スポンサーリンク

趣味の釣りでは300キロ以上の巨大マグロ

趣味の釣りで300キロ以上の巨大マグロを釣り上げるなど

豪快なイメージで知られた松方弘樹さん、回復を願ったファンや

関係者の祈りも通じなかったようです。
松方弘樹
所属する「夢グループ」が松方弘樹さんに脳腫瘍の可能性があることを

報道各社に明かしたのは昨年2月23日でした。

長期療養が必要となるため、出演予定だった同3月1日から

6月8日までの「夢コンサート」を降板し、

6月からの舞台「遠山の金さんと女ねずみ」を中止すると発表されました。

その後、病名を「脳リンパ腫」と公表されていました。

懸命な闘病が続いたそうですが、抗がん剤投与の治療中に

たびたび脳梗塞を起こし、今年に入って一進一退の状況が

続いていたそうです。

「脳リンパ腫」とは脳の深部にできる悪性のリンパ腫

発症率は10万人に1人という非常に稀な病気だそうです。

腫瘍の場所によって体の麻痺や失語症、視力・視野の障害や

認知能力の低下といったさまざまな症状を引き起こし、

腫瘍によって脳が圧迫され、激しい頭痛や嘔吐に襲われることもあるそうです。

松方弘樹さんの知人は・・・

「腫瘍が脳内にあるため手術で病巣を取り除くことは難しいらしく、
松方さんは放射線治療と抗がん剤治療を中心に取り組んでいました。
ところが昨年秋頃、ちょうど抗がん剤を投与しているときに
脳梗塞を起こしてしまったそうです」

脳リンパ腫によって脳にストレスがかかったり、

抗がん剤を使う“副作用”で脳梗塞を併発する例は少なくないとされています。

松方弘樹さんの場合はそれが抗がん剤をまさに投与中だったので、

一時的に脳リンパ腫の治療を中止せざるをえなくなったそうです。

「しばらくして再開しましたが、その後もさらに小さな脳梗塞を
2度起こしてしまったようで、腫瘍の治療が思うように進んでいなかったようです」
(知人)

スポンサーリンク

松方弘樹の家系図は俳優だらけ

「近衛十四郎」の画像検索結果

松方弘樹さんは時代劇スター近衛十四郎さんと女優の水川八重子さんの間に

長男として誕生されました。

本名:   目黒 浩樹(めぐろ こうじゅ)
生年月日: 1942年7月23日
出身:   東京(現在の東京23区)
身長:   173cm
職業:   俳優・映画監督・映画プロデューサー

1974年(昭和49年)大河ドラマ『勝海舟』で、病気降板した渡哲也から主役を交代した際、

夫婦役をやった仁科明子さんと不倫関係となりマスメディアを賑わせたりもしました。

俳優業の一方で、バラエティ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』では

それまでのイメージを覆し、冗談好きで笑い上戸な一面で異彩を放ち、

私生活も女性関係も豪快でしたね。

1968年に元モデルの女性と結婚し、3人の子供をもうけていらっしゃいますが・・・

1974年のNHK大河ドラマ「勝海舟」で共演した女優の仁科亜希子さんと恋仲になり、

元モデルと離婚して仁科亜希子さんと再婚されました。

女優仁科亜希子さん(63)との間に、タレントの仁科克基さん(34)と

仁科仁美さん(32)がいらっしゃいます。

愛人関係にあった元歌手の千葉マリアさん(67)との間にも認知した

男の子供さんがいらっしゃるという・・・

不倫がきっかけで仁科亜季子と離婚

女優の山本万里子さんとの不倫発覚がきっかけとなり、

仁科亜希子さんとは1998年12月に離婚されました。

その後は元女優の女性と事実婚状態にあったそうで・・・

暴力団幹部の主催のパーティーに出席したビデオが存在したり、

黒い交際のウワサは絶えなかったようです。

数々の浮名を流し、豪快な人生の幕を閉じられた松方弘樹さん。

ご冥福をお祈りいたします。 合掌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。