健康寿命の鍵は免疫の力!日々の暮らしの中で1日10分の習慣でアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

今年も残り僅かになりました。

コロナで始まりコロナで終わる一年はあっという間に慌ただしく過ぎ去ってゆきます。

朝と日中、そして夜の気温差が大きくなる季節の変わり目は寒暖差が大きくなり、

体温調整や代謝を行う自律神経のバランスが崩れやすくなります。

その結果、体の色々な器官が正常な働きが難しくなり、体調を崩してしまいます。

気温の変化に負けない体づくりとして、「免疫力」を高めることが今とても重要です。

 

 

スポンサーリンク

冬や季節の変わり目は体調に要注意!

冬や季節の変わり目は寒さや乾燥など、私たちの健康の大敵が増える時期です。

 

「うがい」や「手洗い」は、今や習慣になって除菌スプレーを持ち歩くまでに・・

 

ただ・・・それだけでは不安という方も多いのではないでしょうか?

免疫力は年齢と共に低下してしまう!

免疫力は休むことなく毎日働いてくれていますが、年齢と共にその力が低下してしまいます。

 

結果、感染症やがんにかかりやすくなってしまうのです。

 

そのためにも、内側から強くなるにはどうしたらいいのか?

免疫力アップ

からだと免疫の仕組みを知ると20代から年齢と共に免疫力は低下してしまい、
さまざまな細菌やウイルスなどから身を守り にくくなってしまいます。

 

健康な生活のためには不可欠な「免疫力」ですが、生活習慣が変遷した現代社会では、
栄養の偏りや運動不足、強いストレスなど、免疫力を下げる様々な要因が増加しています。

 

普段から、「食事」「運動」「休養」に留意して、免疫力を高める生活を心がけましょう。

健康の鍵は免疫力!

免疫力という言葉はよく耳にします。

 

(病気)かられる」を免疫力といいます。

 

私達を24時間365日守ってくれる力が免疫力です。

 

体の外からは、目に見えないウイルスや病原菌が体内に入り込んで、増殖する機会を
狙っています。

 

また、体の中では、細胞が分裂するときのミスコピーによって、1日に約5,000個もの
「がん細胞」が生まれると言われています。

 

そんな中で免疫力は、私たちが簡単に病気にならないように、常に体を守って
くれているのです。

 

免疫力をアップするにはどうすればいいの?

 

偏った食事が続くと、「顔色が悪い」「体 がだるい」「肌が荒れる」といった不調を
感じませんか?

 

それは、免疫力低下のサインかもしれません。

 

食生活が乱れると免疫力にも大きな影響を及ぼします。

 

バランスの取れた食事は免疫力向上の基本です!

 

ストレスが免疫を力を下げるの?

 

 

現代社会には、たくさんのストレスがあります。

 

悪いストレスには、気温差や天候などによる物理的なストレス、人間関係や経済環境
などによる社会的なストレス・・・・

 

不安や緊張、悩みなどによる心理的なストレス、
過労や不眠などによる身体的なストレスなど・・・

ストレス

 

いずれも、辛くなったり苦しくなったり心身の負担を感じさせる刺激であり、健康に悪影響を及ぼします

 

しかし・・・

 

ストレスは悪いものばかりとは限りません。

 

健康に必要な良いストレスもあります。

良いストレスとは?

目標や夢に向かって成長するために生じる刺激は、
「健康づくり」「新たな挑戦」「趣味の上達」

 

夢や目標に向かって努力することは、自分自身に負荷をかけている状態で、
心身にストレスを与えていることになります。

 

これらを不快な刺激と捉えると「悪いストレス」となりますが、前向きな気持ちで
立ち向かうと「良いストレス」へと変化して、達成感や満足感をもたらし、
心身に良い影響をもたらしてくれます。

 

良いストレスとリラックスのバランスを整えれば免疫力がしっかり働きます。

 

免疫力には自律神経のバランスが重要です。

 

心身が活発な時に働く交感神経と、 リラックスしているときに働く副交感神経が
バランスよく整うと、免疫力がしっかり働いてくれると言われています。

 

ストレスを上手くコントロールして免疫力を高めましょう!

 

健康寿命を延ばす鍵は免疫力!

 

健康寿命という言葉をご存知でしょうか?

平均寿命と健康寿命

「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」のことです。

 

美味しい食事や、楽しい趣味、家族や友人と過ごす有意義な時間は長く続けたいものです。

 

免疫力を高めて、年齢と共に高まる健康リスクを減らし、健康寿命をのばしましょう。

 

健康寿命と平均寿命の差を見ると、男性は約9年、女性は約13年も生活支援や介護が
必要になっている時代です。

 

私たちの健康を支える「免疫力」を高めることは、健康寿命を伸ばす大きな力になります。

 

日々の生活の中で免疫力を高める方法

朝散歩

 

一日たったの10分身体が喜ぶ朝の散歩は気持ちもリフレッシュします。

ウォーキングなどの有酸素運動と、無理のない筋力トレーニングで体のめぐりを高め、
熱を発生させる筋肉を強化することが免疫力アップに繋がります。

 

まずは1日10分体を動かす時間を増やすことを心がけましょう。

 

日常生活の中で歩く機会を見つけ、歩数を増やせば身体活動量もアップします。

 

近所のスーパー、本屋さん、病院など、「歩いて10分」の用事は、車を使わず、
徒歩で済ませる習慣をつけましょう。

 

コロナ外出もままならない現状ですが・・・

 

家の中でじっとしていないで、こまめに体を動かすよう心がけましょう。

 

家事や庭のお手入れも立派な運動です。

 

知らず知らずのうちに10分の運動をクリアできる上に、家がキレイになって一挙両得。

 

適度な運動を続けることが、免疫力向上につながります!

 

まとめ

散歩

 

現代社会は、様々な要因で免疫力が低下しがちです。

 

日々の心がけと行動力で免疫力を高めて、健康寿命を伸ばす努力が欠かせません。

 

免疫力は、人間が持っている体本来の力で、健康を保つために大切な抵抗力です。

 

いつまでも元気で人生を楽しみ、生涯現役を叶えるために、健康長寿の鍵である、

「免疫力」を高めていきましょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。