Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

成宮寛貴は風の如く去ってしまった2016年最後の激震

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

成宮寛貴

元俳優の成宮寛貴さんの芸能界引退の“真相”が徐々に明らかになってきました。

直接のきっかけは、写真誌「フライデー」がコカイン吸引疑惑を2週にわたって

報じてからというもの・・・まだまだ追及“材料”はあったようです。

成宮寛貴さんはそれらが明るみになる前に、自ら引退を決意したとみられています。

 

スポンサーリンク

タレコミとは心中穏やかではない

発売中の「週刊文春」によると、文春編集部にも成宮寛貴さんに関する

“タレコミ”があったと言うのです。

その中身がなんともエグいとか・・・・

〈ドラッグ現物と成宮寛貴が完全に全裸の状態で寝ている画像データ〉
〈ドラッグを使ったセックス音声データ〉

情報提供者はこれらを100万円で売ろうとしていて、

複数のメディアに話を持ち込んでいたというのです。

「こんなものが公になったら、完全に“俳優人生”は終わりです。
それどころか、警察や麻取に徹底マークされることは間違いない。
そうなる前に、自分から身を引く形にしたのでしょう。
すでに各週刊誌は、上半身裸になって、
乱痴気騒ぎする成宮の写真を掲載しています。
今後『裏切られた』と思う人物から、写真や動画が流出する可能性は高い」
(マスコミ関係者)

 

サスケのセクハラ被害まで

薬物疑惑の話だけでなく、セクハラ被害の“告発”も出てきました。

元岩手県議で覆面プロレスラーのザ・グレート・サスケ氏がブログで、

成宮寛貴さんに対する怒りを表明し、その後、各誌の取材を受けて、

サスケ氏の息子が10年前に成宮から性的なセクハラを受け、

深刻なPTSDに悩まされていることを告白しているようですが・・・

成宮は「1億円あげるから俺と寝てくれ」と迫ったそうで、
サスケ氏の息子は何かを思い出すと「痛い、痛い」と
お尻をかばうというから、事態は深刻だ。
ほかにも同様の“被害者”がいてもおかしくない。(記者)

今になってこんな10年前の事を出してくるサスケ氏の神経も疑いたくなりますが・・・

親なら言わないけどね~~息子のためにも・・・

2016年の芸能界最後の激震

ベッキーのゲス不倫、SMAP解散、asakaの薬物逮捕と・・・

2016年の初めから激震が続いた今年の芸能界でした。

そして・・・たぶん・・最後の大激震が成宮寛貴さんの薬物使用疑惑です。

12月2日のフライデーに掲載された薬物使用疑惑の写真はまさに・・・

寝耳に水の衝撃が走りました。

きゃりーぱみゅぱみゅさんがツイッターで発信した
「週刊誌って平気で人の人生狂わす」(9日)というつぶやきが
十万回以上リツイートされるなど、ネットでは疑惑そっちのけで「
成宮くん、かわいそう」「成宮くん、負けないで」の大合唱。
この疑惑の第二弾が「フライデー」に掲載された9日には、
成宮くんの直筆による引退発表もおこなわれ、
「成宮くん、かわいそう」コールはピークに達した。

成宮寛貴 コカイン

 
成宮寛貴さんの直筆のコメントには、薬物疑惑の真偽については

ほとんど語られていない代わりに・・・

「人には絶対知られたくないセクシャリティに関する部分もクローズアップ」されたことが

触れられていて、「不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそう」という

切ない一文が記されています。

今では、掲載された疑惑写真に写っていた器具や粉は、

「練って遊んでから食べるお菓子の部品だった」説で、

誤報と納得してしまった人もいるようで、ネット世論もいつのまにやら

「性的嗜好をいたずらに暴くマスコミ最悪」という別の批判の声に

すり替わっているようだとも・・・

成宮寛貴のイケメンの影に漂う哀愁

成宮寛貴
 

愛くるしい顔立ちとは対照的な影があり、十代から苦労してきたというリアルな半生も、

そのキャラの厚みになっていたようです。

なのに芸能界では何かとB級扱いされているところもあって、

主演作品は数えるほどしかありません。

ようやく射止めた大舞台である「相棒」役も、

実は犯人だったというトンデモ役で終わったし、

歯磨き粉のCMに出れば、白シャツに白バックのわざとらしい清潔感が、

かえって成宮寛貴さんのブラック感を際立たせてしまうなど、

何かと「かわいそう」がつきまとう存在だったとも・・・・

これまでの役柄を見ても、ホストだったり(「高校教師」)、

変人美大生だったり(「ハチミツとクローバー」)、

実は犯人だったり(「相棒」)と、身近な弟キャラとはほど遠いものが多く、

それでも万人に愛されてしまう、変則的なキャラが成宮寛貴さんだったようです。

薬物疑惑の真偽はもはや闇の中だし・・・

裏切られた「友人」?への絶望感も人生の糧として・・・

「疑惑を暴く方が悪い」って論理は八つ当たり以外の何物でもないと思う。

自分らしさを貫けば・・それもまた個性になる活き方のできる「器」!

原因は何であれ、そんな愛されポジションを一瞬にして失ってしまったことは

成宮寛貴さん、最後までやっぱり「かわいそう」な影が・・・??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。