Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

猫ひろしリオ五輪最終日生中継の時間と軌跡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫ひろし

 

男子マラソンはリオ五輪最終日の8月21日9時30分より生中継されます。

「男子マラソン」の競技日程はリオ五輪の最終日程となります。

そこで猫ひろし選手の「にゃー!」が見られるのは楽しみです。

猫ひろし選手の今までの汗と涙の軌跡を紐解いてみたくなりましたね。

最終日リオ五輪のドラマチックな結末を見逃さないように・・・

スポンサーリンク

猫ひろし選手のこれまでの経歴

猫ひろし 1977年8月8日生まれ 千葉県市原市出身の日系カンボジア人
お笑いタレント、マラソン選手
本名  瀧崎邦明(たきざきくにあき) WAHAHA本舗所属
身長  147cm  体重45kg 血液型 A型

テレビのお笑い番組では「にゃにゃ~」の猫ひろしとして知ってはいましたが・・

まさか・・リオ五輪に出るほどの実力の持ち主とは知りませんでした。

そこで・・猫ひろしさんのリオ五輪までの軌跡を辿ってみたくなりました。

猫ひろしリオ五輪までの軌跡

TBSの特番「オールスター感謝祭」に初めて出演した際、

足が速く、毎朝ジョギングを行っているという猫ひろしが番組の恒例企画の

赤坂5丁目ミニマラソンでその健脚を披露し、何かギャグを見せるのかと思いきや

真面目に走ったことも含めて多くの驚きの声があったようです。

ただし、1周目は圧倒的に速かったものの、

2周目以降に次々と後続ランナーに抜かれているのです。

その後・・・

2008年春・2011年春・秋・2013年秋と4回優勝し、

その結果プロのランナーの次に重いハンデが課されるまでになっています。

東京マラソン2010では、開催前に3時間以内での完走を目標とし、

この目標を達成しなかった場合に芸名を本名の“ 瀧﨑邦明 ”に戻すと

宣言してたようです。

谷川真理を育てたコーチ・中島進の指導を受けており、中島進が

ヘッドコーチを務めるプーマランニングクラブ所属になっています。

マラソンが速い理由は「練習の賜物」と言われています。

猫ひろしなんでカンボジア選手で出場なの?

猫ひろし

国際試合で好成績を残し始めた頃、

2010年12月にアンコールワット国際ハーフマラソンで3位に入賞したのを

きっかけにカンボジア側からのオリンピック代表への打診があり

2011年2月にカンボジアへの国籍変換の手続きを申請し受理されることが

ほぼ確実になったことで、同年6月21日にはカンボジアオリンピック委員会の

バス・チョモラン理事長とともにマスコミ向けの記者会見に臨み、

この会見で2012年のロンドンオリンピック男子マラソンに

カンボジア代表として出場することを目指していること、

国籍変更ができた場合は2011年11月にインドネシアで開催される

東南アジア競技大会にカンボジア人として出場することを公表し、

2011年11月9日にカンボジア国籍を取得し、

同月16日の代表選考レースに臨んだのですが・・・

2012年ロンドン五輪に間に合わなかった!

猫ひろし
 
国籍をカンボジアに移したのち、2012年2月5日の別府大分毎日マラソンで

2011-2012年シーズン最高タイム2時間31分58秒を上回る2時間30分26秒を記録し、

カンボジア代表内定を獲得し、ロンドン五輪の切符を手にした!!!はずでした。

しかし・・国際陸上連盟のルールによりロンドン五輪出場は叶わなかったのです。

国際陸連のルールとは?

「過去に国際競技会での代表経験がない」「(ロンドン五輪の時点で)

「国籍取得から1年未満かつ連続1年以上の居住実績がない」

参加資格を満たしていないと正式に判断、特例も認めないことを

カンボジア陸連に通達し、カンボジア側は決定を受け入れると

報じられたため、ロンドンオリンピックに出場することは

不可能となった経緯があるようです。

その当時、猫ひろし選手は随分悔しい思いをしたのではないでしょうか!
スポンサーリンク

カンボジアランナーとして4年間1位を維持

2013年9月12日、同年12月にミャンマーの首都ネピドーで開催された

東南アジア競技大会のカンボジア代表選考会で2時間36分39秒で優勝

2014年8月17日、アンコール・エンパイア・フル&ハーフマラソンで優勝

2016年6月3日、カンボジア・オリンピック委員会より、

リオデジャネイロオリンピックの男子マラソン・カンボジア代表に

選出されたことが発表され晴れて今回のリオ五輪に出場が決定したのです。

本名の Kuniaki Takizaki でエントリーされています。

これまで長くつらい道のりを目標に向けて走り続けた猫ひろしさんのマラソンの

生中継が今夜9時30分から見ることができます。

「今は、とにかくリオでベスト記録を出すことに集中したいです。

リオでは、2時間27分の自己ベストを切れるようにします。」

そんな猫ひろしさんを応援する方も増えてきたのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。