【訃報】岡江久美子さん急死なぜ?乳がん治療の影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

岡江久美子
朝の情報番組「はなまるマーケット」の司会などで親しまれた女優の岡江久美子田さんが

23日午前5時20分、新型コロナウイルスによる肺炎のため東京都内の病院で

亡くなられ、63歳という若さでの突然の訃報にただ・・ただ・・驚きと悲しみに

包まれました。

 

スポンサーリンク

岡江久美子さんなぜ?急死に・・

所属事務所によると、岡江さんは3日に発熱。様子を見るように言われ、
自宅で療養されていたようです。

 

6日朝に容体が急変し、東京都内の大学病院に入院され、
集中治療室(ICU)で人工呼吸器を装着するなどして治療を続け、
その後、PCR検査で新型コロナウイルスの感染が判明していたそうです。

 

岡江さんは昨年末、初期の乳がんで手術し、今年1月末から2月半ばまで
放射線治療を行って、「免疫力が低下していた」のでは?と・・・・

 

悪化の背景には免疫力の低下よりも病気の“本質”

放射線治療の期間は、1月の終わりから2月の中旬という比較的短期間ですし、
線量(放射線をあてる量)も少ないと思いますので、それほど大きなダメージが
肺や免疫状態にあるとは考えにくいですね。
ですから今回の件は、(免疫力の低下よりも)この病気(新型コロナ)の
本質ですよね。
軽症だと思っていても急に悪くなるということがあるので、そのために急に
悪化したというふうに取る方が自然だと思います。(Laivenewsより引用)

 

夫の大和田獏さんは感染防止策を取った上で岡江さんと最期の対面は
できましたが、感染を防ぐため火葬の際には、立ち会うことが
できなかったそうです。

無言の帰宅シーンが与えた大きなメッセージ

 

 

亡くなり方があまりにも衝撃的な上、家族に見送られないまま荼毘に付され、
遺族に手渡しではなく、玄関先にご遺骨を置いてていかれる。

 

岡江さんのご遺骨を抱えたまま家の中に入っていく獏さんの姿に、
たくさんの人が胸を痛めました。

 

この一連の流れは、コロナで家族を亡くした人以外は知らなかったはずです。

 

この衝撃的な映像にマスコミへの怒りの声が溢れているのですが、
これを報じることで、少なからず、再度コロナを恐れてほしい、という
強いメッセージになったのではないでしょうか?

 

夫の大和田獏さんと長女の美帆さんはともに俳優でいらっしゃいます。

 

外出を自粛し、現在は症状が出ていないそうです。

 

岡江久美子

 

「今はただ残念で信じがたく、悔しくて悔しくて他は何も考えられない状態です。

コロナウイルスは大変恐ろしいです。どうかくれぐれもお気をつけください」

 

連名でコメントを発表していらっしゃいます。

岡江久美子プロフィール

本名: 大和田 久美子(旧姓:岡江)
生年月日:1956年8月23日
没年月日:2020年4月23日(63歳没)
出生地: 東京都世田谷区
身長: 156 cm
血液型: AB型
ジャンル:女優、タレント、司会者
活動期間:1975年 – 2020年
配偶者:大和田獏(1983年 ‐ 2020年)

1975年にドラマでデビューし、その後、NHKのクイズ番組「連想ゲーム」に出演。

 

ドラマ「天までとどけ」シリーズで母親役を務めたほか、タレントの薬丸裕英さんとともに
「はなまるマーケット」(TBS系)の司会を1996年から約18年間務め、
知性を感じさせる朗らかな人柄でたくさんの国民から愛されました。

 

志村けんさん、岡江久美子さん突然過ぎる「死」にコロナウイルスの恐怖を改めて
「真剣に向き合って」のメッセージなのかも知れません。

 

心からご冥福をお祈りします。(合掌)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。