【NHK紅白】大竹しのぶは愛の賛歌ピアフを演じてた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大竹しのぶ
女優の大竹しのぶさんが29日、東京・渋谷のNHKホールで行われている

「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場されています。

大竹しのぶさんは初出場で「反響が大きくて。LINE(のメッセージ)や

メールが69件届いたと・・・周囲の反応を明かされていました。

 

スポンサーリンク

大竹しのぶは歌手でもないのに?

NHK紅白歌合戦は演芸会?なんて・・・

ツイッターの声もあるようなので大竹しのぶさんの歌唱について

調べてみることに・・・

大竹しのぶさんはエディット・ピアフの「愛の讃歌」を歌われるようです。

リハーサルでは「ピアフの気持ちを素直に伝える、
ただそのことだけを考えて(歌いました)」といい、
涙も見せたが、「この歌を歌うときっていうのは、
自分の大好きな、愛する人が亡くなったあとに……という
芝居とリンクする部分があるので、
れでも強く生きていかなくちゃいけないって、
そういう思いで歌う歌なので、芝居をして歌うのか、
自分として歌うのか、分からなくなっちちゃった感じです」と

語っていらっしゃいます。

何故愛の賛歌なの?

今年の紅白歌合戦のテーマは「夢を歌おう」!

大竹しのぶさんは2016/01/07 に公開の

フランスが最も愛したエディット・ピアフの人生を描いた舞台

『ピアフ』が大竹しのぶさん主演で2016年2月7日(日)より

東京、大阪、広島、名古屋で上演されています。

 

舞台では歌っていらっしゃるので、

上手い下手は聞き手の感性が感じるものなので・・・

何とも評価はできないものがあるのです。

愛の賛歌は結婚式の定番BGM

外国の曲を聴いて英語、フランス語、外国語はさっぱり、

意味が分からないです~~~WW

そのままの原曲で聴いた方が言葉の意味は分からなくても、

何かしら伝わるものがあるような・・・・

あまりに有名なピアフの代表作「愛の讃歌」を大竹しのぶさんは、

どのように歌われるのか?

楽しみが増えてきましたよ~~

スポンサーリンク

愛の賛歌の詩イメージ

今まで聴いてきた「愛の讃歌」(訳詞:岩谷時子さん)は、

結婚式の定番BGMでもあり、愛することの喜びにあふれ

幸せを感じる曲、というイメージだったのですが・・・

舞台の大竹しのぶさんが歌うピアフの愛の賛歌は、

歌詞が少しちがってまったくちがったイメージで

新鮮な感じを受けます。

この歌は、ピアフが生涯で最も愛した人・マルセル・セルダンへの

想いをこめて創られたそうです。

彼は、船でピアフの元へ向かう予定を変更して、飛行機事故で生命を失い・・・

そして・・・ピアフは親しい友に、

「彼は、永遠にあの空で私を待っていてくれる。
私の望みは彼に会うことだけ。
だから死ぬのは少しも怖くはないのよ。」

ピアフのこの言葉にこめられた「愛の賛歌」は

聴く人の魂を揺さぶりました。

舞台でピアフを演じられた大竹しのぶさんの

「愛の賛歌」の歌詞は、舞台の「ピアフ」のようです。

 
大竹しのぶ

大竹しのぶさんは、確かに歌手ではありませんが、

舞台で歌っていらっしゃるという事では、

きっと素敵な「愛の賛歌」が聞けるのではないでしょうか\(^^@)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。