Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

佐野勇斗「砂の塔・・」爽やかなイケメン注目度急上昇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

佐野勇斗

 

10月から始まった『砂の塔〜知りすぎた隣人』菅野美穂さんが

出産後初主演ということで楽しみにみています。

その菅野美穂さんの息子役である和樹を演じる佐野勇斗(さのはやと)さんが

あまりの可愛さにデレデレになっていますです。

佐野さん演じる和樹は高校1年生で、母の手伝いを進んでしたり、年の離れた妹・

そら(稲垣来泉)をかわいがったりの癒やしキャラぶりで、緊迫感ある物語の

清涼剤となってフレッシュな存在感で注目を集めているようです。

 

スポンサーリンク

 

佐野勇斗っていったいどんな人なの?

初回の放送終了後、一時は「佐野勇斗」が検索サイトの急上昇ワードに

ランクインするほどの注目を集めたというからには興味深々です~~WW

佐野勇斗さんが連ドラに出演するのは今回が初めてだそうです。

生年月日    1998年3月23日(18歳)
出身地     愛知県(愛知県在住)
身長      174cm
血液型     A型
特技      サッカー、空手(1級)、書道(六段)
趣味      アクロバット(練習中)、漫画収集
所属事務所   スターダストプロモーション

ジュノンスーパーボーイコンテストをきっかけに芸能界入りし、

現在のグループ「M!LK」(みるく)の結成は2014年、

5人組ボーカルダンスユニット
(板垣瑞生、佐野勇斗、塩﨑太智、山﨑悠稀、吉田仁人)のメンバーです。

 

M!lk 佐野勇斗

M!lkとはいったい何?

M!LKは、スターダストプロモーションが手掛ける若手俳優集団、恵比寿学園男子部

「 EBiDAN(エビダン)」から選ばれた、若手俳優による5人組ボーカルダンスユニット。

いろいろな物に混ざりやすく、様々な形状に変化することのできる

“変幻自在”のユニットを目指し活動中とのこと。

M!LK

M!LKのメンバーとしてもシングル4枚をリリースするなど、精力的に活動中の

佐野勇斗さんは、映画「くちびるに歌を」(2015年)でお調子者の男子部員・

向井ケイスケを演じ俳優デビューをしていらっしゃいます。

4年ぶりにドラマ主演を務める菅野美穂を筆頭に、

岩田剛典さん(EXILE/三代目 J Soul Brothers)、松嶋菜々子さんら

豪華キャストがそろったドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」(毎週金TBS系)は、

タワーマンションに一家で引っ越してきた亜紀を苦しめるセレブ妻たちの見栄と

虚飾のヒエラルキーに、連続幼児失踪事件のミステリー要素を絡めて描く

サスペンスストーリーですが・・・

スポンサーリンク

佐野勇斗さん今回のドラマへのコメント

「正直嬉しさよりも先に不安でいっぱいでした。

いつもテレビで見ているみなさんと、一つの作品を作り上げられるなんて、

夢のようです。日本中の方に、この作品の面白さが伝わるよう、

精一杯、自分のできることを全力で行っていきたいと思います!!

まだまだ未熟な僕ですが、是非注目して頂けると嬉しいです!!」

 

その後、舞台芸術集団地下空港「ポセイドンの牙」(’16年)での初舞台、

ドラマ「ドクターカー」(’16年)へのゲスト出演を経て、

「砂の塔―」で連ドラ初レギュラーを果たしていらしゃるようです。
佐野勇斗
クランクイン前は・・・

「いつもテレビで見ている皆さんと、一つの作品を作り上げられるなんて、

夢のようです。菅野さん、松嶋さん、岩田さんとお会いした心の中の第一声は、

『ほ、本物だぁ…』でした(笑)」

と初々しい感想を漏らしていたが、今ではすっかり現場にもなじんでいる様子だとか・・・

中でも岩田さんとは同じ愛知出身ということもあり、

ブログで「地元のお話もたくさんさせてもらいましたよ~」と

2ショット写真も披露する打ち解けぶりだそうです。

家族思いで心優しい反面、物静かで周囲と打ち解けづらく、

学校では独りで過ごす和樹について、佐野勇斗さんは、

「ストーリーを読み進めていくうちに、だんだんと

和樹の“闇”の部分が明らかになっていきます。

和樹の明るい部分と闇の部分を細かく、繊細に演じていきたいと思います」

と意気込んでいらっしゃるようで、癒やしキャラとしてだけでなく、

物語のキーマンとしてもストーリーに深く関わっていく

佐野勇斗さんからますます目が離せませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。