清水富美加の告白本が即日完売ツイッターでの反応が凄い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

清水富美加

 
宗教団体「幸福の科学」に出家することを表明した女優の清水富美加さんが17日、

千眼美子名義で告白本「全部、言っちゃうね。」を幸福の科学出版から

緊急発売しされました。

書店には買い求める人の列が・・・・

スポンサーリンク

全てのことを遺書をかくように・・

同書は「でも今日、出家します。」
「死にたかった7年、死ななかった7年。」
[私の生い立ち」「ずっと幸福の科学」

4章構成で合計147ページで、前書きと後書きは自筆されており、

報道されている「月給5万円」などの真実が赤裸々に記されているようです。

前書きは、千眼美子(せんげん・よしこ)の名前で

「お騒がせしてしまい、申し訳ありません。
特に、現在進行中のお仕事での共演者さんやスタッフさんには、
この身、千切(ちぎ)れる思いでいっぱいです。
謝罪しかできないことを心よりお詫び申し上げます」
と謝罪に始まり、
「全ての事を遺書を書くような思いで、この本に全託(ママ)しました。
でも絶対、死にません。いつか絶対に、完全復活します」と
宣言、最後は「なぜなら・・・。」と締められています。

医師の立ち会いのもと、11~16日にインタビューした

内容を編集したもので全147ページ、4章で構成され、

清水富美加本

大川隆法総裁と会った時のことを、

「私の魂がきらめく感動的な瞬間でした」などと

つづっていらっしゃるようです。

何故、そんな中で姿を消したのか?
何故、今、出家なのか?
日々、様々な疑問や情報、憶測や意見が飛び交っているのを
まのあたりにしそれらにお答えしたく、全ての事を
遺書を書くような思いで、この本に全託しました。

自殺未遂などの経験も

本ではそのほか、「死にたかった7年、死ななかった7年」と

これまでの芸能生活を振り返る内容や、自身の生い立ち、

幸福の科学の教えや「出家してこれからしたいこと」などの項目があり、

水着の仕事をして「死にたい」と思い、ガムテープを使った自殺未遂や

リストカットに走ったことや、自らの給料事情についても触れられているようです。

さらに後書きには

「死にかかっていたところを助けて下さったのは幸福の科学の皆様、
そして人は永遠の生命を生きているという教えでした。
この教えの下で生きたら、きっともっと沢山の人が
幸福になっていくと思った今、ひろめずにはいられません」
「お世話になった皆様には、悲しませてしまった皆様には、
必ずや倍にして恩返しすることを約束します。
ぜひまた、次は千眼美子として皆様にお会いできることを
心より願っております」

などとつづっていらっしゃいます。

スポンサーリンク

予約購入しているほとんどの人がメディア関係者?

一方、ある背広姿の男性は、「支援しようと思って」とだけ語り、

足早に去って行ったと報じられています。

書店の男性店員は

「あっという間に売り切れてしまいました。
こんなことは初めてなので、驚いています。
コメントはこれくらいにさせてください」。

この日から販売が始まった三省堂などの大手書店でも、

予約が殺到しており、「1人1冊」のみの販売となっているそうです。

ネット通販大手「Amazon」で「本の売れ筋ランキング」1位を

獲得するなど大きな話題になっているようです。

本のキャッチコピーが強烈?

自筆前書きで「でも絶対、死にません」

渋谷を行き交う人たちの関心も高かったようで・・・

「報道を見て真実が知りたかった」

東京・渋谷の「ブックファースト渋谷文化村通り店」では、

発売前から本を買い求める人が列を作りました。

20代男性は「信者ではありませんが、新興宗教団体の動きに
興味がありました。清水さんに関する出来事の背景に関心があります」

30代主婦は「信者ではありませんが、報道を見て真実が知りたかった。
清水さんを応援したいです」

20代の女子学生は「事務所も清水さんもどちらが
正しいことを言っているのかわかりません。
なぜ死にたくなったのか、
なぜ仕事がたくさん入っている状態で辞めたのか」

40代の男性会社員は「信仰は個人の自由ですが、
人に迷惑をかけないように、契約満了後に引退することもできたはず。
出版までの段取りがよすぎるので事前に準備していたのでしょう」と

話されていたと報じられています。

12日に騒動が発覚してからわずか5日の書籍発売ということもあって、

清水富美加さんの出版を発表したツイートに対し、

ファンなどからは戸惑いのコメントが数多く見られました。

発売に合わせてTwitter上で本書の広告が出現。

これには面食らったネット民も多かったようで、多くの声が寄せられています。

以下、Twitter上で確認できた声を紹介すると・・・

・幸福の科学、Twitterに広告出してるんだ
・この広告の使い方、うますぎない?
・ウケるツイッターの広告で幸福の科学出てきたヤバイ
・千眼美子に改名したはずなのに、なぜ清水富美加とわざわざ書いたのか?
・精神的に不安定だった子が本を一冊書けるの?本当に自分で書いたのかな…
・教団からしたら安い広告費だよね
・こんなのTwitter社も広告で出すなよ……
・これは売れますわ。ビジネス出家というパワーワード
・清水富美加さ。何で仕事止めるとか言ってるのに本出してんの? 完璧な広告搭
・明日発売とかさ。そんな急に本が発売できるわけないだろ。絶対前々から計画してただろ

何とも・・・凄まじい商魂たくましさって言うのか??

よく・・理解できません~~~www

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。