広島えびす講

「えびす講」は毎年11月18日~20日の3日間に開かれる祭りです。

正式名は「胡子大祭」、「えべっさん」とも呼ばれ、原爆被災後わずか3カ月後に祭典が行われ
400年以上途切れることなく続いている、広島に冬を告げる代表的な祭りです。

 

明治34年の胡子神社鎮座三百年祭より、商売繁盛の守り神「こまざらえ(熊手)」が
売り出されるようになりました。

 

商売繁盛を願う多くの人々が、胡子神社周辺に並んだ出店で
「こまざらえ」を買い求め、胡子神社でお祓いをしてもらいます。

 

地元のえびす通り商店街では、祭りの開催にあわせて大売出しが行われ、
30万人近くの人出で賑わいます。

 

続きを読む