お彼岸

 

1年の内で2度、昼と夜との長さが同じになる春分と秋分は太陽が真東から昇り、

真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ

前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で

「あの世」へのゲートが開くといわれ、現在では仏教行事として説明される場合が多く、

それがやがて・・・

祖先供養の行事へと趣旨が変わって定着してきたようです。

 

 

続きを読む