Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高畑淳子「雪まろげ」の女優力2度のカーテンコールに涙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

雪まろげ 高畑淳子

 

女優高畑淳子さんが24日、東京・北千住のシアター1010で開幕した主演舞台

「雪まろげ」のステージに立たれました。

先月下旬、長男で俳優の高畑裕太さんが強姦致傷容疑で逮捕される事件が発生し、

裕太さんは不起訴処分とはなりましたが、母親として謝罪会見も開き、

世間のバッシングに舞台降板もあるのではないか?

「舞台が贖罪」と舞台に立たれた高畑淳子さん。

この日は観客の声援に涙ぐむ場面もあったそうです。

スポンサーリンク

カーテンコールが2度起きた女優力

この日は開演約3時間前に劇場入りした高畑淳子さん。

舞台上で行ったおはらいでは、出演者を代表して玉串を奉納し、

関係者によると、淡々と舞台に備えている様子だったといいます。

「雪まろげ」は故森光子さんの代表作です。

温泉芸者の夢子がついた小さなうそが騒動を巻き起こす人情喜劇でネット上では、

裕太さんの事件後、高畑淳子さんの「雪まろげ」は降板して欲しい・・みたいな

書き込みなどもありましたが・・・舞台終演後、都内在住の女性客は

「高畑さんは元気そうで安心しました。やはりお芝居はうまい。
森さんの後を継いでほしい」
2カ月前からチケットを準備していた70代女性は
「お芝居に入り込んだので(事件のことは)まったく考えませんでした」。
一方で「悩みを隠しているんだと、どうしても考えてしまった」

と話す観客もいたそうですが・・

芝居が終わるとカーテンコールが2度起きたそうです。

目を潤ませた高畑淳子さんは「ありがとうございました!!」と声援に応え、

何度も頭を下げ、2度目のカーテンコールはスタンディングオベーションで、

客席から「頑張ってください!」と声が飛んだそうです。

高畑淳子さんは共演者とつないだ手を上げ、700人で満員になった劇場を

見渡し感極まった様子だったと・・・

雪まろげ 高畑淳子

 

様々な逆風を乗り越えてチケットは昼、夜完売

裕太さんの逮捕後に行った謝罪会見で、今回の舞台出演を含む女優業について

「仕事を続けていくのが自分の贖罪」と答えたことに否定的な意見もありました。

座長として作品をPRする時期に何もできなかった。
裕太が入院中の病院と稽古場を行き来する日が続いたこともあった。

さまざまな逆風のなか、初日昼の部は完売、夜の部もほぼ完売となり、

温かい観客の応援の声に、事件後に体重は5~6キロやせてこけたほおも

戻りつつあると言います。これから全国巡演も控えているようです。

「雪まろげ」とはいったいどんな?

「雪まろげ」は森光子さんが1980年に初演しました。

青森・浅虫温泉を舞台に流れ者の芸者夢子がついたウソが騒動に発展する喜劇で、

脚本の小野田勇氏が森光子さんをイメージして書き上げたと言われています。

森光子さんは陽気でかわいらしいながらも、か弱さやはかなさを漂わせる夢子を巧みに演じ、

「放浪記」「おもろい女」に次ぐ代表作になりました。

森光子雪まろげ

柔らかく、自在な演技が持ち味の森光子さんに対し、感情の起伏が直線的で、
テンションの高い高畑淳子さんの夢子像になじめないところがあった。
しかし、2幕後半、ウソを突き通せなくなった夢子が「全部、私がまいた種ですから」と
謝罪する場面で舞台の空気が大きく変わった。
それまでの周囲がうんざりするほどの陽気さに隠されていた夢子の孤独、
寂しさがくっきりと浮かび上がった。
ラスト、夢子が浅虫を去り、北海道に向かう場面では、森光子さんの時は
切なくなるくらいの孤独感が漂い、思わず「頑張って」と声をかけたくなるが、
高畑淳子さんは孤独をも受け入れる強靱さをにじませ、
「彼女なら強く生きていける」と思わせた。(紙面より)

森光子さんと高畑淳子さんの芸質は違うから、舞台の印象も変わるのも当然だろうし、

高畑淳子さんは「雪まろげ」を自分のものにし、女優力の高さを実証してみせ、

高畑淳子さんの女優としての底力を感じた舞台だった。と語られています。

「雪まろげ」のカーテンコールでは温かく、大きな拍手で高畑淳子さんの

舞台に演技力の素晴らしさに改めて頑張って~の声援を送りたいひとりです。

雪まろげチケット案内

11月23日 広島廿日市文化ホールさくらピアでの公演は是非見にゆきたいですね。

「遺品整理人 谷崎藍子」のドラマは予定なし

高畑淳子さん主演のMBSテレビ(大阪市)制作の

ドラマシリーズ「遺品整理人 谷崎藍子」TBS系は高畑淳子さん主演で

2010年に初放送され、遺品整理業の女性を主人公に、遺品と遺族のつながり、

絆を描くストーリーで、昨年7月の第5作まで放送されて、視聴率は関東地区8.6%、

関西地区は11・7と堅調でしたが・・・

6作目の収録の予定も、制作の予定も高畑淳子さんのスケジュールの都合で

現状では制作、放送の予定がまったくの白紙であるとのこと。

「雪まろげ」の舞台をきっかけに高畑淳子さんの女優の演技力を

テレビドラマでもみたいですね。

バラエティ番組とかは・・・もういいかな?

頑張って今を乗り越えて欲しい女優さんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.