Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高樹沙耶【相棒】を間違え大麻逮捕で人生を破綻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高樹沙耶
 
2011年の「相棒season10」第1話まで、小料理屋「花の里」初代女将の

宮部たまき役で出演していた高樹沙耶さん。

とても知的で綺麗な方だなぁ~と見ていましたが・・

選んだ“相棒”が悪かったようですねぇ~(T_T)

大麻所持の現行犯で25日、厚労省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された

元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)さん。

何が原因でここまで人生が変わるのか?

スポンサーリンク

「相棒」急遽放送が差し替えになった

“元妻”が大麻所持の現行犯で逮捕とは、杉下右京も言葉がないですねぇ~

テレビ朝日は同日午後3時55分から再放送予定だった高樹沙耶さんの出演ドラマ

「相棒 season7」第13話を急遽、出演していない「相棒 season14」

第12話に差し替えて放送したようです。

2002年10月に放送開始の「season1」から、
11年10月開始の「season10」の第1話までレギュラー出演。
主役の水谷豊さん演じる特命係の警部・杉下右京の元妻で
小料理店「花の里」の初代女将・宮部たまきを演じて物語に花を添えていた。

「相棒」シリーズはテレ朝のキラーコンテンツで、映画版もヒットしてシリーズ化されています。

それだけに、ほぼ10年にわたって「相棒」シリーズに出演していた

高樹沙耶さんの逮捕は番組にもダメージが大きすぎたようです。

高木沙耶が大麻にのめり込んだのは?

沖縄・石垣島の自宅で一緒に捕まった会社役員の森山繁成さん(58)は、

4年前に高樹沙耶さんと「事実婚状態」と報じられた男性です。

どうやら森山繁成さんが高樹沙耶さんに“大麻”を教え込んだらしい・・・

知人男性の話

「森山さんは20年以上前に都内で土木関係の会社を設立、
そこそこ儲かっていましたが、10年ほど前に突然、
産業用大麻の解禁活動にのめり込むようになった。
『大麻はたばこよりも害がない』が口癖でしたね。
当初は千葉県内で活動していたのですが、それで千葉・南房総市に
移住してきた高樹さんと出会った。
2人は急接近、高樹さんも森山さんの活動に参加するように。
森山さんの奥さんが2人の仲を勘繰り、夫婦げんかになったせいで
石垣島に移住したと、仲間内ではウワサになっていました」(紙面より)

男の存在が高木沙耶さんの人生に大きく関わってたようです。

森山繁成ってどんな人なの?

森山繁成さんとの出会いが運命の分岐点になった高木沙耶さん、

 

森山繁成

『俺はいい男』と自称するナルシシストなところがあって、
キレやすい面もあった。
高樹沙耶さんの前にも、社長令嬢に大麻解禁の活動資金を
出させていたなんて話もある。
政界にも人脈があって、元国家公安委員長の名前を
ちらつかせることもありました」(別の知人)

参院選出馬のきっかけ

高木沙耶

 

本名    益戸 育江
旧芸名   高樹 沙耶
生年月日  1963年8月21日 (53歳)
出身地   静岡県浜松市中区
職業    女優、作詞家

2012年に自身のブログで「大麻草検証委員会」という産業用大麻などを

推進する団体の幹事になったと告白。

それがきっかけで芸能界を引退する羽目になったようですが・・・

その団体のボスが森山繁成さんだったそうです。

それでも高樹沙耶さんは森山繁成さんのことを「パートナー」と呼び、

石垣島の自宅で“親しい関係”を続けていたと言われています。

高樹沙耶さんが今年7月、参院選(東京選挙区)に立候補したきっかけも、

森山繁成さんだったようです。

 

「森山さんが急に高樹さんを連れてきて、『支援してほしい』とお願いされました。
もっとも、選挙中も森山さんは高樹さんより出しゃばるもんだから、
周囲の評判はあまりよくなかった」
(森山繁成さんが所属する市民・政治団体、全国勝手連連合会の関係者)

高樹沙耶さんは落選し、今度は逮捕と散々な結果になりました。

高樹沙耶さんは全財産を投じ、石垣島に計約4000平方メートルの土地を購入。

ジャングルのような土地を森山繁成さんらと開墾し、

昨年2月に宿泊施設「虹の豆」をオープンさせたていらっしゃいます。

1泊3万円で電気もなく、水道も沢の水を使用しているという。
施設内のカフェは酵素ジュースが500円、
石垣牛すじカレーが1000円で、いずれも薄味で
「エコロジーだけど高価」と紹介されていました。

そうした森山繁成さんら男性4人との奇妙な共同生活の様子を、

今月7日、TBS系の番組が報じているのですが・・

番組中、森山繁成さんはパイプをプカプカ(´-`).。oO

番組スタッフから「まさか?」と聞かれた森山繁成さんは、

「たばこだよ」と一蹴していたとの話もありますが・・WWw

高木美保が語るナチュラリストとは?

「ナチュラリストになると、野草や生薬に詳しくなる人がたくさんいて、
なるべくそれを使って生活したいと思うようになる。
私もかなり野草に詳しくなりましたけど…」と

高樹沙耶さんのこだわりに理解も示しながら、

「でも法を犯すとなると話は別」とキッパリと話されています。

そして高樹沙耶さんには常に男性の存在があったことには

「男性の影響の一歩手前に、ナチュラリストとして自然の暮らしの中で
挫折したことがあったんじゃないか。
自給自足は1人ではできないとか、ナチュラリストとしての
問題を解決できないとなったときに、大麻に関わっている人に
助けを求めてしまったのかなあ」と・・・

東京の華やかな世界に身を置きながら、石垣島での自然に囲まれた暮らしは、

確かに心を癒してもくれるでしょう・・

田舎育ちの農家の娘は自給自足の暮らしぶりを見て育ってきているので、

今となっては・・そんな暮らしの中では暮らせないなぁ~~

全てが徒歩圏のなかで用達できる環境ほど年齢とともに有り難いと思う。

高木沙耶さんの夢が悪かった訳ではないけれど・・

「大麻」を解禁して薬草とは・・まだ現実には厳しいよな~~

「法」に準じて活きる「相棒」を選ぶべきでしたねぇ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。