中性脂肪にDHAって?放っておくとやばいことに?日々の対策は必須かも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中性脂肪

今や40代の4人に1人は血中の中性脂肪値が高いと言われています。

40代男性では、2人に1人は高いとも・・・

そういう私も、健康診断で毎回ひっかかるのです~~ww

「中性脂肪」「高脂血症」「総コレステロール」

放っておくとやばいことに??^^:

 

スポンサーリンク

なぜ?中性脂肪は高くなるの?

 

年を重ねて代謝が落ちると、ダイエットをしても痩せることがなかなか難しいです。

 

体型がちょっとメタボになってくると、心配になるのはLDLコレステロールや
中性脂肪の数値ですよね。

 

この2つの数値が高いと、体にとって良くないことはわかるけれど、
具体的に何がどう良くないことが起きるのか??

 

「食べすぎ」「甘いものや脂っこいものの摂り過ぎ」「お酒の飲み過ぎ」などの
生活習慣に起因しているそうですが・・・

 

中性脂肪はこれといった自覚が無いため、普段は危険性に気づきにくいことでも
知られているということで・・・

 

放置状態で気にはなるけど・・・日頃からの対策を先送りにしてなにもせずに放っておくと、
蓋を開けたときに恐ろしいことになるかもって???

 

ウヒョォォォォォ~~~それって!困ります~~ww

 

その様なことになってしまう前に、早めの血中中性脂肪対策をしておかなきゃ~~です。

中性脂肪って何?

中性脂肪は、コレステロールと同じく脂質の一種です。

 

体温を一定に保ったり、体に衝撃を受けた際のクッションの役割も果たしています。

 

人間が体を動かす際のエネルギーとして消費されますが、
摂り過ぎた分は体の脂肪となって肥満の原因となるそうです^^:

 

体内の中性脂肪が多いと肝臓にも脂肪がつくことによって肝機能が低下し
肝臓が弱っている状態でお酒を飲んだり、過剰な負担をかけると急性すい炎の
原因になります。

 

中性脂肪を蓄えすぎると、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす
可能性があるため、
脂っこい食事や甘いものの摂り過ぎには注意が必要のようです。

そもそも中性脂肪の意味が?

 

中性脂肪、別名「トリグリセリド」は人体のエネルギー源です。

 

食事で摂取したエネルギーが消費しきれずに余ってしまうと、余った分は
肝臓において中性脂肪に合成され、肝臓や脂肪細胞に蓄えられます。

 

飢餓に備える働きとあります。

 

脂肪分だけでなく、炭水化物を多く摂って血糖値が高くなった場合や、
アルコール摂取(飲酒)をした場合にも蓄えられやすくなるそうです。

 

蓄えられた中性脂肪は、食事量が減る・有酸素運動を行うなどによってエネルギーが
不足した際に、「リパーゼ」という酵素によってグリセロール(グリセリン)と
遊離脂肪酸(FFA)に分解されます。

 

グリセロールとFFAが活動の燃料となり、体内のエネルギー代謝システムによって体に供給され、
エネルギー消費と摂取カロリーが釣り合っていれば中性脂肪は蓄えられないそうですが・・・

 

中性脂肪

健康診断時に採血して計測されるのは、食事から取り込まれた中性脂肪
(外因性トリグリセリド)ではなく、余分なエネルギーとしていったん肝臓に取り込まれた脂肪が再び血液中に分泌された血中中性脂肪(内因性トリグリセリド)の値だそうです。

 

健康診断の前日から当日にかけて食事制限をするのはこのためで、絶食によって蓄えられた
中性脂肪が血中に放出される際、どれくらいの量が出てきているかをチェックするのが
血液検査の目的だそうなので、再検査になる場合は・・・・・

 

当日に朝食を摂ってしまい、外因性の中性脂肪により
検査値が高くなったケース、というのが多いようです。

中性脂肪を下げるには?

 

 

中性脂肪を下げる青魚のDHAとEPA中性脂肪を減らす効果が高い成分として
最近ではテレビや雑誌で頻繁に取り上げられるので注目されているのが
アジやサバなど背中が青い魚に含まれるDHAとEPAという成分です。

 

DHA

日頃から意識して魚を多く食べる食生活に切り替えるだけでも有効のようですが・・

 

長期的に魚中心の食生活に切り替える必要があると言われてもねぇ~WW

 

毎食魚を食べるのはむつかしいです。(キッパリ)

 

現実的でない方がほとんどだと思いますよね。

 

そこで・・・私は、サプリで毎日DHAを摂取しています。

 

DHAサプリについては「DHA・EPAサプリ完全攻略【人気の15商品を徹底調査】で
詳しく紹介されています。

 

生活習慣が気になる方におすすめ↓

サラサラ習慣をはじめませんか

炭水化物、糖分を徹底的に控える

中性脂肪が上がる原因は摂取カロリーのとりすぎ、ただこの一点です。

 

カロリーの元凶は脂質、炭水化物(糖質)、タンパク質の3つ。

 

この考え方に沿ってまず炭水化物の代表格である米飯を控える!

 

お米は高カロリーです。

 

茶碗1杯で252kcal(厚生労働省「食事バランスガイド)で、全く米飯を
食べないのではなく、今までの3分の2程度に抑えていますよ!

 

糖質制限も意識して、糖分をなるべくとらないようにしていますが・・・

 

甘いもの好きな私は、甘いもの誘惑は自分との闘いですけど・・

 

炭水化物と糖断食で8kgの減量に成功しました。

 

ただ・・・まだ・・・

 

「中性脂肪、高脂血症、総コレステロール」の数値は多少の改善は見られたもののまだ・・・・
危険区域のようです。

まとめ

青魚

中性脂肪が高いことは、数々の生活習慣病の因子になっているということ!

 

将来的になんらかの病気になるという恐怖心があれば・・・

 

日々毎日の生活に意識するだけで、面倒くさい日々の食事対策や運動も
楽しんで続けられますね。

 

頼れるサプリを持っておくことも、それを飲むことが習慣化し、
それが毎日の他の対策へのきっかけにもなりますね。

不足しがちなDHA&EPAを手軽に!

中性脂肪を下げるというよりも、「続ける」という「習慣」が生み出す、
人間の最も弱い精神力の部分のひとつのパワー力にもなると思うのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。