吉田拓郎「紅白はコリゴリ」病人扱いはNOライブ開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

吉田拓郎

 

吉田拓郎さんと言えば、日本のシングソングライターの草分け的存在です。

1970年代、マイナーだったフォークとロックを日本ポップス界のメジャーに

引き上げた歌手として、大規模ワンマン野外コンサート、ラジオ活性化、

CMソング、コンサートツア、プロデューサー、レコード会社設立などの

パイオニアとして日本ポピュラーミュージック史に大きな役割を果たした

方として「J-POP」の開祖とも記されています。

スポンサーリンク

吉田拓郎プロフィール

生年月日  1946年4月5日
出生地   鹿児島県伊佐郡大口町→谷山市に転居(小2迄在住)
出身地   広島県広島市南区西霞町
身長    176.5cm A型
出身校   皆実高校⇒広島商科大学
所属    竹田企画
配偶者   四角佳子→浅田美代子→森下愛子

【拓郎】という名前には「故郷を拓け」という意味が込められているようです。

1965年に広島商科大学に入学し、中学の同級生と新たにバンドを結成し、

ドラムスを担当していたそうです。

同年秋に初コンサートを開催し、ビートルズのコピーのほかオリジナル曲も

演奏したとあります。

吉田拓郎さんとは同じ世代なので、広島商科大学のコンサート活動は、

かなり熱心で何度か拝見したこともありますが・・

吉田拓郎さんはまだ無名の時代です。

1965年メンバーと上京し渡辺プロダクションに売り込むが、

グループ・サウンズブームも未到来の時代であり、

相手にされなかったようです。

吉田拓郎

吉田拓郎アマチュアの時代

1966年にコロムビア洋楽部主催のフォークコンテストに

ソロで出場し、中国大会2位、全国3位となりました。

『平凡パンチ』で「和製ボブ・ディラン」と紹介され、

広島で知名度が上がるのですが・・・

広島の音楽仲間からは批判も出て居心地も悪く単身で上京されています。

スポンサーリンク

1967年に広島見真講堂で開催された
『第1回ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト』
中国地区大会ロック部門で優勝。
米軍岩国基地でも定期演奏した。
しかし、ベトナム戦争の侵略基地である岩国慰問が、
参加資格のない演奏と抗議が寄せられ、
カワイ楽器在籍バンドでもあったことから、
ヤマハの関係者から全国大会への出場を
辞退してもらえないかと申し入れられ、出場辞退した。
翌1968年にも、『第2回ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト』に
出場し中国地区優勝、ヴォーカル・グループサウンズ部門で全国4位となる。
また、吉田の発案で広島の3つのフォーク団体による
アマチュアフォークサークル『広島フォーク村』を結成。

レコードも出さないうちに、地元ラジオにリクエストが殺到し、

NHK広島に出演したり、中国放送でDJを担当したりとアマチュア時代から

素晴らしい活動されているようです。

そんな吉田拓郎さんでしたが・・・

やはり苦難の道も歩いていらっしゃるようです。

吉田拓郎(1970年 ~ 1974年)

1970年4月に、インディーズレーベルのはしりであったエレックレコード

契約社員として就職するのですが・・

エレックはまともな仕事は取ってこれず愛川欽也が司会をしていた子供番組の

オーディションに参加し「イメージの詩」を歌って審査員の子供に落とされたり、

日本放送協会藤山一郎さんに落とされたりしたそうです。

6月27日に『広島フォーク村アルバム発売記念コンサート』を

東京厚生年金会館で開催した際、客はほとんどいなくて、

当時イベントの企画などを手がけていた後藤由多加さんの目にとまり、

コンサートなどで起用されるようになり、これを機に重要なパートナーとして

1971年10月後藤さんとともに、アーティスト主体の音楽制作プロダクション

『ユイ音楽工房』を設立されています。

11月には広島フォーク村の後輩・大久保一久さんが組んでいた

アマチュアグループのために初の提供曲も作成していらっしゃいます。

CBSソニー(オデッセイレーベル)所属期

1972年1月にCBSソニーに移籍し、アーティスト兼

プロデューサーとして契約を結び、移籍と同時に発売した

「結婚しようよ」がオリコンチャート3位、

40万枚以上を売りあげ、それまで長髪の若者たちの

反体制的な音楽としてしか見られていなかったフォークが

一躍普通の音楽として世のの中に認知されるようになりました。

この頃・・四角佳子さんと軽井沢の「聖パウロ教会」で

結婚式を挙げていらっしゃいます。

「町の教会で結婚しようよ」など、若者の新しいライフスタイルを表現した歌は、

ブライダル業界にも大きな影響を与えたようです。

森進一に「襟裳岬」の曲を提供

 

吉田拓郎襟裳岬

1974年1月15日に、森進一さんに「襟裳岬」を提供し、

この「襟裳岬」が第16回日本レコード大賞を受賞した際、

吉田拓郎さんは上下ともジーンズの普段着で登場し、平然と賞を受け取ったという話もまた

型にはまらない新ファションを打ち立てられたようです。

関東圏のライブツア開催

一時期体調を崩し,2003年には「肺がん」の手術を行い

秋には復帰コンサートで元気な姿を見せてくれましたが、

2007年には「更年期障害、ストレス、うつ病」「慢性気管支炎」で

2009年の全国ツアも中止されていますが・・・

今回、関東圏でのライブツアー開催を発表し、

吉田拓郎2016コンサート

新曲披露にも意欲的だとか・・・

今回のツアータイトルは「ブルボンpresents 吉田拓郎 LIVE 2016」。

2014年以来、2年振りという事でファンにとっては待ち焦がれたライブとなり、

前回同様、約20,000人動員の関東4箇所5公演が行われました。

一方で1994年に1度だけ出演したNHK「紅白歌合戦」には

「こりごり」と復帰を拒否されたとか・・・

スマートな体形と張りのある歌声で「春だったね」「落陽」といった代表曲から最新曲

「アゲイン」まで22曲を熱唱。

「昔よりライブが楽しい」と話す通りに、気持ちよさそうに約2時間のステージを展開し、

ファン4700人を楽しませたそうです。

報道陣から全国ツアーの要望を受けると

「ウチに帰って奥さんのご飯を食べたい。だから日帰りが妥当な線」

と1986年に結婚した女優・森下愛子とのオノロケも。

吉田拓郎さんの元気な姿を見せていただくのは何より嬉しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。